ゲンノショウコの種飛ばしの形がいいんです。

 フウウロ科のゲンノショウコ( Geranium thunbergii)の花が全盛期を迎えていますが、標高(1200m付近)を上げますと、もう種飛ばしの御神輿(おみこし)形になって来ています。

 私は花より、『御神輿形』をする種飛ばしのこの時期が好きですね。
この造形がなんとまぁ・・・好感度ナンバーワンです。



■ゲンノショウコの種飛ばし・・・・御神輿形の姿が好きなんですよ。
ゲンノショウコの種飛ばし-01


ゲンノショウコの種飛ばし-02


ゲンノショウコの種飛ばし-03


ゲンノショウコの種飛ばし-04


ゲンノショウコの種飛ばし-05

スポンサーサイト

ナンテンハギの青紫色をした美しい彩り。

 マメ科 ソラマメ属のナンテンハギ(南天萩) Vicia unijugaの、青紫色をした美しい彩り素敵です。

 ナンテンハギは秘密基地敷地内では至る所に自生していましたが、ガーデニングの邪魔と言うことで、大半は駆除してしまいました。
 残ったものは進入路の両側に垂れ下がる特長を生かし、2株ほど。
そのナンテンハギの美しい青紫色が存在感を発揮しています。

 しかし・・・うるさいようにいっぱい開花しますので、全体を見るのではなく、個々の花弁を見る様にしています。
すると、何とも美しい色合いと、可愛い姿が見えてきます。

 結構素敵なヤツなんですよね。



■ナンテンハギ(Vicia unijuga)
     いっぱい開花している姿を見てしまいますと、うるさいのですが・・・・。
ナンテンハギ(Vicia unijuga)-01

■こんな姿を見てしまいますと、素敵と言わざるを得ないでしょう。
  この色合いは大好きな色です。
ナンテンハギ(Vicia unijuga)-02


ナンテンハギ(Vicia unijuga)-03


ナンテンハギ(Vicia unijuga)-04




ナンテンハギ(Vicia unijuga)-05

 

萌木の村の散策・・・・ポール・スミザー氏が手がけるナチュラルガーデン。

 今日は久しぶりに清里の友人・山栗さんとの一時。
時間も忘れ、語り合ってしまうと言う仲になっています。

 昼食をと、萌木の村のROCKに行き、ゆっくりと昼食を頂きました。
その後、ポール・スミザー氏が手がけるナチュラルガーデンの散策。意外な一面を見てしまいました。


 私のガーデニング(山野草や原種バラの栽培)は土着菌による米ぬか発酵肥料や少量の牛糞堆肥を使いますが、ポール・スミザー氏が手がけるナチュラルガーデンでは、驚くほどの堆肥を使っての栽培を見ることとなりました。

 ほとんど多肥栽培です。10cm~20cmほどの堆肥をこれでもかと言わんばかりの量でマルチィングしての栽培です。
そこにある山野草はもちろん多肥により巨大化の傾向となります。

 びっくりです。余りに大きな山野草に出会え、感動どころか、なぜこのような栽培にするのか疑問符が付きます。

 しかし、山野草の配置や造作等のコーディネイトが、素晴らしく、さすがと思います。



■昼食のROCK・・・・ リニュアルオープンしましたね。
 素敵なレストランとなっていました。
萌木の村ROCK

■ナチュラルガーデンでは、一際目に付く大きなアザミ・・・フジアザミです。
フジアザミ-01


フジアザミ-02


フジアザミ-03

■この時期のツリバナは意外な美しさを魅せてくれます。
ツリバナ-01


ツリバナ-02


ツリバナ-03

■ふと、二人で建物の裏手を覗き込みますと、法面上に大きなオオバユキザサが・・・・。
  オオバユキザサ:ユリ科の多年草 学名:Maianthemum hondoense
  ヤマトユキザサとも呼ばれます。
オオバユキザサ-01


オオバユキザサ-02


■また、悶々とする名前のわからない花を見付けてしましました。
 頑張って探して見ます。名前がわかりませんと、すっきりしないのですから・・・・・。
萌木の村の花-01


萌木の村の花-02


萌木の村の花-03

■今回ラッキーなことに、山栗さんの雑木林(アダージョの森)の中で、アキギンリョウソウに出会うことが出来ました。
  アキギンリョウソウ:イチヤクソウ科 春に見られるギンリョウソウとはちょっと趣が違います。
アキギンリョウソウ-01


アキギンリョウソウ-02


アキギンリョウソウ-03






ママコノシリヌグイと勘違い・・・イシミカワ。

 当初、ママコノシリヌグイと思っていたものが、なにやら瑠璃色に似た実を付けてきました。
ママコノシリヌグイにこんな素敵な色合いのみが付くはずもないと、図鑑とのにらめっこが始まりました。

 なにやら・・・『イシミカワの実』らしいのです。
ネットでの画像検索もやってみましたところ、やはり・・・『イシミカワ』という植物の実らしいのです。

 タデ科のイシミカワ(Persicaria perfoliata )の実は緑→赤紫→コバルトブルーに変化するようです。
法面にあったため、余り目にする機会もなかったのでしょう。

 今度は緑→赤紫→コバルトブルーの実の変化を見てみたいと思っています。



■タデ科のイシミカワ(Persicaria perfoliata )の実
 小さな、瑠璃色の美しい実が付いていました。ママコノシリヌグイとそっくりです。
 葉がやはりちょっと違いますね。
イシミカワの実-01


イシミカワの実-02


イシミカワの実-03

あめ玉のような可愛い、オキナワスズメウリの色づき。

 オキナワスズメウリが飴玉のように、可愛く色づいてきました。

 
 ウリ科のオキナワスズメウリ(Diplocyclos palmatus)は沖縄、マレーシア、ニューギニア他の熱帯、亜熱帯地域に自生する植物です。暖かな地域故に、気温が低いと上手く成長できません。

 秘密基地のものは、種蒔きからの栽培ではなく、昨年、横浜で育てたものを温室内で越冬させたものです。
やはり、成長の段階に入りますと、越冬させたものの生長は格段の差となります。

 一つのチャレンジでしたが、功を奏し、可愛い飴玉みたいなオキナワスズメウリの実が数え切れないほどになりました。

  先日、グリーンのスイカのようなオキナワスズメウリの画像をアップしましたが、赤く色づいてきますと、ワクワクしてきます。

 友人知人にプレゼントし、その喜ぶ顔が思い浮かぶからです。


■オキナワスズメウリの色づき
 可愛い飴玉みたいなオキナワスズメウリ、早くリースの仕上げたいですね。
オキナワスズメウリの色づき-01


オキナワスズメウリの色づき-02


オキナワスズメウリの色づき-03


オキナワスズメウリの色づき-04

■これから色づいてきますね。グリーンのスイカ模様も良いですね。
オキナワスズメウリ





ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014