FC2ブログ

また復活・・・マツモトセンノウ。

 毒々しいほどの派手さを見せる『マツモトセンノウ』。
先日は、豪華な開花期を迎え、秘密基地の庭を豪華に見せていました。

 それがいつの間にか消えていましたが、復活してきました。
今は・・・たった一輪の開花ですが、よく見れば、数輪の蕾も見えています。

 不思議な復活劇です。
通常は一回の開花を迎え、数日経って、株も枯れ、来年の準備に入るはずなのですが・・・また開花してきています。


 しかし、一輪の開花でも、その存在感は格別。一段と庭が華やかになるのがわかります。
本当にすごい存在感です。


■ナデシコ科 マツモトセンノウ
まだまだ・・・咲く気でいるのでしょうね。数個の蕾が確認できます。
ナデシコ科 マツモトセンノウ-01


ナデシコ科 マツモトセンノウ-02


ナデシコ科 マツモトセンノウ-03



スポンサーサイト

ミズヒキの季節・・・デジカメで遊んでみました。

 タデ科のミズヒキ(学名: Persicaria filiformis )が小さいながらも、その存在感をあらわにしてきましたね。
私はその小さな世界が好きで、3種類のミズヒキを秘密基地の庭には植え込んでいます。

 雨降りの後など、その水滴の付き方なども格別な感じで見つめます。


 木漏れ日のわずかに当たる場所で、ファインダーを向けますと、意外な美しさを魅せます。
それはピントがずれることにより玉ぼけが表れる美しさです。

 そんな美しい玉ぼけを撮ってみました。


■ミズヒキの季節ですね。
ミズヒキの季節ですね。-01


ミズヒキの季節ですね。-02

■ミズヒキの玉ぼけ画像・・・可愛いミズヒキと遊んじゃいました。
ミズヒキの玉ぼけ画像-01


ミズヒキの玉ぼけ画像-02

■小さな世界ですが、生意気にもしべをピンと跳ね上げ、しっかりとその存在感を表していますね。
ミズヒキの季節ですね。-03

すっきりとした甲斐駒の姿。

 あの悪魔のような暑さは何処に行ったのでしょうか?
山は、秋の気配が至る所に見え隠れしています。

 冷涼な空気が山をすっきりと際立ています。
今まで、ぼんやりとピントのずれた山並みが、シャープなピントとなり、素敵な山並みとなって姿を表してきました。



■すっきりとピントの合った甲斐駒が・・・。
すっきりとピントの合った甲斐駒が・・・。-01


すっきりとピントの合った甲斐駒が・・・。-02


すっきりとピントの合った甲斐駒が・・・。-03


ボタンヅルがうるさいくらいに開花。

 キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia がうるさいくらいに開花しています。


 ボタンヅルとセンニンソウはよく似ていますが、葉の形が違いますので、区別は容易にできます。
この二つは秘密基地周辺あったもの。

 どちらかと言えばセンニンソウは標高が低く、ボタンヅルの方が標高の高いところで見ることができます。
この二つは晩秋の綿毛の見える頃が、陽に光り輝き、好きなシーンを作り出してくれます。

 今年はいっぱいの花を見せていますので、晩秋が楽しみです。



■キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia
ボタンヅルの葉はボタンの葉のように切れ込みがあります。
キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -01


キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -02


キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -03


キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -04


キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -05


キンポウゲ科のボタンヅル Clematis apiifolia -06


■センニンソウ Clematis terniflora
  センニンソウの葉は縁がなめらかでぎざぎざとなっていません。
センニンソウ Clematis terniflora -01


センニンソウ Clematis terniflora -02

やっと・・・見ることができました。ルリタマアザミ。

 キク科 ルリタマアザミ(Echinops)は南ヨーロッパ、西南アジア等に自生しています。
秘密基地に植え込み、こぼれ種でも少しずつ増えている、私のお気に入りのものです。

 しかし、今年は花の終わった残骸のような姿しか見ることができません。

 今朝、注意してみてみますと、陰に隠れるようにして、最後の花を見せてくれました。
憧れの透明感のある瑠璃色、細い花弁 しかその彩りは見えませんが、その繊細さは美しすぎます。



■最後の花・・・ルリタマアザミ
最後の花・・・ルリタマアザミ-01


最後の花・・・ルリタマアザミ-02


最後の花・・・ルリタマアザミ-03


最後の花・・・ルリタマアザミ-04


最後の花・・・ルリタマアザミ-05


欧米では・・・・『ハリネズミ』と言う異名があるようですね。


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014