fc2ブログ

家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助

 知り合いが、自慢の脇差しを持って来ました。

それは・・・備州長船(おさふね)家助という一尺七寸八分(67.46cm)という長さの立派な脇差しです。
家の守り刀と言われるもののようです。

 私の刃物好きと言うことを知っての持参。
確かに、私は多分、昭和新刀と呼ばれる日本刀を頂き、銃刀法違反にならないよう半分に切断し、野外の作業などで使えるように改造したものを持っています。

 木材の皮むきから竹割りなど、重宝し、使ってナンボの道具化しています。

 久々に見る脇差し、羨ましい限りです。それも備州長船という立派なもの、反りも刃文(はもん)美しい。



■家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助

家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助

■刃文(はもん)が美しく入ります。
家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助


■右側に見えるのが私の日本刀改造の道具。
家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助


家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助


家の守り刀といわれる脇差し。備州長船家助


スポンサーサイト



東南アジアの原種 Cleisostoma.complicatum (ランクレイソストマ コンプリカタム)

 タイのT-Orchidと言うナーセリーで見付けた原種ランのCleisostoma.complicatum(クレイソストマ コンプリカタム)。

 この原種ラン、不思議なことに開花する花が・・・鳥のような造形をしています。
ちゃんと目が付いているのですから、虫たちからすれば、恐ろしい相手となりそうですけどねぇ・・・。

 そうそう、ラン科植物は、虫媒花と言って虫による受粉が行われます。
ですから、この花の造形に???と言った感じを受けるのですけどね。



■東南アジアの原種 Cleisostoma.complicatum (ランクレイソストマ コンプリカタム)
 この不思議な造形にワクワクしてきます。
東南アジアの原種 Cleisostoma.complicatum (ランクレイソストマ コンプリカタム)


東南アジアの原種 Cleisostoma.complicatum (ランクレイソストマ コンプリカタム)


東南アジアの原種 Cleisostoma.complicatum (ランクレイソストマ コンプリカタム)



梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。

 今年の梅雨はあったのでしょうかね。
今、思い出してみても、思い当たりません。

 八重咲きのクチナシは、梅雨時には本当に素敵な姿を見せ、さらに素敵な香りを漂わせてくれます。
残念なことに、梅雨らしくなく、朝から高温、カラカラ・・・あまりにもクチナシには不釣り合いです。

 今年は、ちょっと、いじけ気味に開花しています。



■梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。
 ちょっと良い姿では見ることが出来ません・・・ね。
梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。


梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。


梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。


梅雨時には、似合うはずですが・・・・八重咲きクチナシ。


八重咲きクチナシ



スズカケソウの開花が始まりました。

 ゴマノハグサ科のスズカケソウ(Veronicastrum villosulum)。

 このスズカケソウ、環境省レッドデータブック 絶滅危惧 I A類に指定されています。
絶滅危惧 I A類とは・・・・ごく近い将来における野生での絶滅の危険性が極めて高いものという植物です。

 毎年、長く伸びたツルから挿し木苗を作り、増殖を狙い、友人知人にプレゼントしています。
私の所のスズカケソウのバックアップも兼ねての作業です。
・・・・もう、10株以上のスズカケソウを作りました。

 毎年、素敵な彩りを楽しみにしています。
いよいよ開花です。



■スズカケソウの開花が始まりました。

スズカケソウの開花が始まりました。


スズカケソウの開花が始まりました。


スズカケソウの開花が始まりました。


スズカケソウの開花が始まりました。


 

狂い咲きですか? Dendrobium.Kuniko。

 開花しているのが、気が付きませんでした。
Dendrobium.Kunikoという原種一代交配種・・・Dendrobium goldschmidtianum(Den.miyakei)東南アジア原産の着生ランと
とビクトリエ-レギネ(Dendrobium victoriae-reginae)の交配。

 ビクトリエ-レギネ(Dendrobium. victoriae-reginae)の暑さに弱い性質をmiyakeiの暑さに強い性質を乗せることで、Dendrobium victoriae-reginaeの彩りを容易く見るという狙いが見事に達成したものです。


 ビクトリエ-レギネ(Dendrobium. victoriae-reginae)を横浜の温室内で育ててみたものの、全く歯が立ちませんでした。
このDendrobium.Kunikoで代用しています。

 しかし、今回は似ても似つかない、薄いブルーの彩りが出てきています。暑さの影響でしょうかね。



■狂い咲きですか? Dendrobium.Kuniko。
狂い咲きですか? Dendrobium.Kuniko。


狂い咲きですか? Dendrobium.Kuniko。


狂い咲きですか? Dendrobium.Kuniko。


八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

 
Copyright © 八ヶ岳南麓-横浜・・・KITAHO World。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World・訪問者数