バラの枝に付いた水滴・・・・。

 温かな朝を迎えました。
外はシトシトと、春のような小雨。寝起きのまま、素足で庭をうろうろ。
寒さは感じられません・・・。昨日より6度も高い5℃。

 バラの枝に付いた水滴がキラキラと美しく輝いています。
本当は雪の世界を楽しみにしていたのですが、昨日の夕刻までにせっかくうっすらと積もった雪も溶けてしまっています。

 庭はしっとりと気持ちの良い落ち着いた風情を見せています。
一気に春が来たようでもあり、ワクワク感が高揚してくるのがわかります。



■バラの枝に付いた滴。
バラの枝に付いた滴-01


バラの枝に付いた滴-02


バラの枝に付いた滴-03


バラの枝に付いた滴-04


バラの枝に付いた滴-05


バラの枝に付いた滴-06


バラの枝に付いた滴-07

スポンサーサイト

原種バラの冬のトゲも魅力。

 大きな嵐がやって来たような年末年始でした。
娘のチビちゃんたちとの大騒ぎな秘密基地。

 いったん横浜に戻りましたが、単独で秘密基地に戻りました。
春への原種バラの剪定作業やら、肥料・・・棚の整理など細かな作業があります。

 のんびりと、ガーデニング作業開始です。

 その中で、一つの楽しみがあります。原種バラのトゲ。
何のために不思議なトゲを持って居るのだろう・・・と、思いを馳せるのも楽しみの一つです。

 確かに、樹木に少しずつ枝を伸ばし、引っかけ、勢力を拡大していくために必要なものですが、不思議なトゲがいっぱいです。


■大きく立派なトゲ・・・Rosa.sericea Pteracantha(中国原産)のトゲ 
  こんな大きなトゲが必要なんでしょうかね? 立派なものです。
Rosa.sericea Pteracantha のトゲ-01

■このトゲ・・・春の芽吹きの際には(新しいシュートに付くトゲ)赤くガラス質の美しいトゲなのです。
 今は、枯れた状態の不思議な形です。
Rosa.sericea Pteracantha のトゲ-02


Rosa.sericea Pteracantha のトゲ-03


Rosa.sericea Pteracantha のトゲ-04

Rosa 'Queen Elizabeth'

秘密基地での娘のチビちゃんたちとの、年末年始の楽しい一時も終わり、昨日、横浜に戻ってきました。
下のチビちゃん(女の子)の家来同然の生活、もう、大変でしたね。でも・・・・こういうのが幸せな時間なのでしょうね。


 横浜は意外と寒く、吹く風も秘密基地よりも寒く感じます。(実際は秘密基地の方が4℃ぐらい低いのですが・・・)
その寒さの中で、バラ・・・Rosa 'Queen Elizabeth'がまだまだ開花したいのでしょう。

 蕾が大きく膨らんでいます。


 Rosa 'Queen Elizabeth'と言えば、1954年 アメリカ で育成されたバラ界最強品種とも言われるバラです。
放っておいてもぐんぐん育つ手間いらずのバラですね。

 ありがたいことに、四季咲き性で、消毒も肥料も滅多に対応したことがありません。
それでも・・・しっかりとしたパステルピンクの可愛い花を付けてくれますので、嬉しいです・・・ね。

 このバラはウチの奥さんリクエストのバラ。放って置いては居ますが、時々はしっかりと面倒見ていますよ。



■Rosa 'Queen Elizabeth'  1954年 USA
Rosa 'Queen Elizabeth'


Rosa 'Queen Elizabeth'


Rosa 'Queen Elizabeth'

■大きな・・・Rosa 'Queen Elizabeth'のローズヒップも美しいです。
Rosa 'Queen Elizabeth' hip



厳(いか)ついローズヒップ・・・Rosa.laevigata。

 いかにも怖そうなローズヒップをもつ中国原産の原種バラRosa.laevigata・・・日本名『ナニワイバラ』。
暴力的にも思えるその伸長力に驚いています。

 秘密基地では法面上から垂れ下がるように栽培していますので、ほとんど放任状態で困ることもなく、元気いっぱいに生長しています。ただ、横浜の家ではガレージ(地下ガレージ)上の庭から垂れ下がるようにして栽培していますので、その都度、剪定作業が伴います。

 今は、花も終わり、その厳ついローズヒップが見頃です。



■Rosa.laevigata(ロサ レビガータ)の厳ついローズヒップが好きです。
Rosa.laevigataの厳ついローズヒップ-01


Rosa.laevigataの厳ついローズヒップ-02


Rosa.laevigataの厳ついローズヒップ-03


Rosa.laevigataの厳ついローズヒップ-04

スコッチローズの紅葉が美しい。

 スコッチローズと言われるイギリスの原種バラ Rosa.spinosissima ' Bicolor 'の紅葉が美しいです。
今朝の気温が-6℃、肌を刺すような寒さとなって来ています。

 この寒さの中、原種バラの紅葉がまだまだ魅せます。
バラの紅葉が美しいのは北米のスワンプローズやイギリスのスコッチローズが上げられます。

 秘密基地では、この両者も植え込み、栽培しています。
特に、Rosa.spinosissima ' Bicolor 'は原種バラといえど、一季咲きですが、白の覆輪を持つピンクの小さなバラ。

 今は、この紅葉を楽しんでいます。



■Rosa.spinosissima ' Bicolor 'の紅葉は良いですね。
Rosa.spinosissima ' Bicolor '-01


Rosa.spinosissima ' Bicolor '-07


Rosa.spinosissima ' Bicolor '-02


Rosa.spinosissima ' Bicolor '-03

■寒さで、葉の紅葉もチョコレート色になっています。
Rosa.spinosissima ' Bicolor '-04

■この寒い中、新芽の伸長がまだまだあります。頑張っていますね。
Rosa.spinosissima ' Bicolor '-06

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014