Paul's Himalayan Musk Rambler のローズヒップと水滴。

 今年、横浜での、ポールズ ヒマラヤン ムスク(Paul's Himalayan Musk Rambler)の開花には間に合わず、花弁の散り去った後の状態しか、見ることができず、花殻摘みなど、全く出来ませんでした。

 株の小さなウチはせっせと、開花後の花殻摘みは、こまめにやっていたのですが、6mほどに、大きくなった今、サボりだしています。

 

 小さなローズヒップがいっぱい出来ています。
株への影響も心配することもないので、ローズヒップの楽しみも、増えましたね。

 さっそく、青いローズヒップと水滴のコラボ、撮ってもいました。



■Paul's Himalayan Musk Rambler のローズヒップと水滴。
Paul's Himalayan Musk Rambler のローズヒップ-01


Paul's Himalayan Musk Rambler のローズヒップ-02


Paul's Himalayan Musk Rambler のローズヒップ-04


スポンサーサイト

オオタカネバラとヒラタアブ。

 オオタカネバラの美しいピンクが素敵です。


 明日は、横浜に戻りますので、いろいろなものをデジカメで撮り回っています。
オオタカネバラ(Rosa acicularis)を撮っていますと、ヒラタアブのお出ましです。

 ヒラタアブは一見、ハチのように見えますが、ハチのように刺す訳でもなく、じつは、ハエの仲間なので、花の蜜を求めて飛び回ります。

 で、特筆すべきことは、その幼虫はバラにとって、とても助かることをしてくれるのです。
アブラムシを食べてくれるのですから、ヒラタアブは大切に見守ってあげなければいけません。。。ね。

 そのヒラタアブ、一心不乱に、オオタカネバラの蜜を小雨の降る中、探していました。
その頑張りに、どこか、応援したくもなりました。



■オオタカネバラ(Rosa acicularis)
オオタカネバラ(Rosa acicularis)-01


オオタカネバラ(Rosa acicularis)-02

■オオタカネバラ(Rosa acicularis)とヒラタアブ
オオタカネバラ(Rosa acicularis)とヒラタアブ-01


オオタカネバラ(Rosa acicularis)とヒラタアブ-02


オオタカネバラ(Rosa acicularis)とヒラタアブ-03

照り葉ノイバラ(Rosa luciae)

 秘密基地に自生している『照り葉ノイバラ Rosa luciae 』。
いつも・・・雑草の刈り取りと一緒に、刈り取られてしまい、花を見ることもできませんでした。

 刈り取ってから・・『しまったぁ・・』と、いつも後悔していました。
昨年から、照り葉ノイバラを意識し、その付近は、そっと刈り取りを心がけ、なんとか枝を伸ばさせました。

 よ~やく、開花まで漕ぎ着けました。
照り葉ノイバラ(Rosa luciae)は、普通の野バラよりも花数は少ないのですが、大きな花を付け、立派なものです。



■照り葉ノイバラ(Rosa luciae)
照り葉ノイバラ(Rosa luciae)-00


照り葉ノイバラ(Rosa luciae)-02


照り葉ノイバラ(Rosa luciae)-03


照り葉ノイバラ(Rosa luciae)-04

武蔵野イバラと一重の十六夜バラが素朴な美しさを魅せています。

 武蔵野イバラは謎の多い野バラです。
謎解きは、江戸時代の園芸家による筑紫イバラの改良種とも。

 オヤバラとも言われ、いずれにしても白い野バラの変種らしいのです。

 秘密基地にあるのは、武蔵野イバラの個体名の付いたもの。『花車』と『宵宮』と言われるものです。
淡いピンクのグラデーションが花弁に入り、素朴な一重の野バラですね。

 一方、十六夜(いざよい)バラの一重のもの。
( Rosa roxburghii normalis.)

 一重咲きの大きな花弁を持ちます。ノイバラとは違った迫力があり、たくさんの花を付けることはありませんが、ポツンポツンと
所々に、長きにわたって開花してくれますので、花を楽しむことが出来ます。


■武蔵野イバラ・・・『花車』
  野バラより、1.5倍位の花径を持ちます
武蔵野イバラ・・・『花車』-01


武蔵野イバラ・・・『花車』-02


武蔵野イバラ・・・『花車』-03


武蔵野イバラ・・・『花車』-04


■一重の十六夜バラ(Rosa roxburghii normalis)
 野バラと比べますと2倍以上の花径を持ち、迫力はあります。・・・人の手が入っていないバラです。
Rosa roxburghii normalis-01


Rosa roxburghii normalis-02


Rosa roxburghii normalis-03


秘密基地のバラ・・・申し訳なさそうに開花してくれました。

 原種バラは一季咲きがほとんどです。
今回は、バラの開花全盛期に間に合わず、疲れたような花ばかりでしたが、その中で、しっかりとした可愛いバラの花を見せてくれたものがあります。

 原種バラではなく、オールドローズと呼ばれるものたちですね。



■Alba-Semi-Plena
 セミダブルの花弁が素敵です。また秋には大きなローズヒップが花の数だけ付いてくれます。
 これもまた素敵なものです。
Alba-Semi-Plena-01


Alba-Semi-Plena-02


Alba-Semi-Plena-03


■Celsiana
 透明感のあるピンクが素晴らしく、このバラの香りは幸せそのものです。
Celsiana-01


Celsiana-02


■Hibernica
 一重の素朴な原種一代交配種です。
 小さなローズヒップが鈴なりのように付き、ローズヒップを楽しむ魅力の方が素晴らしいです。
Hibernica-01


Hibernica-02

■New Dawn
New Dawn-01


New Dawn-02



ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014