秘密基地の最低気温・・・-8.3℃

 雪が少ないといえども、寒いです。

 秘密基地での最低気温は-8.3℃。日中でも-0.1℃。

 こんな時には薪ストーブの炎が一番ですね。
二次燃焼などをさせず、ガンガン燃やしていきます。

 部屋の中は20℃。
ゆったりのんびりと過ごせますね。私にとって、薪ストーブの炎は癒やしの源となります。



■癒やしの源・・・薪ストーブの炎
癒やしの源・・・薪ストーブの炎-01


癒やしの源・・・薪ストーブの炎-02


癒やしの源・・・薪ストーブの炎-03


癒やしの源・・・薪ストーブの炎-04



スポンサーサイト

温かな、ぬくもり・・・・薪ストーブ。

 昼過ぎ頃からみぞれ模様。
意外と暖かな一日となりました。

 3時頃にはうっすらと雪化粧も、しかし期待とは裏腹に、すぐさま雨となり、積もりつつある雪も消えていきます。

 今日は午前中に、いろいろな庭仕事を頑張りましたので、暖かな部屋の中でまったりと過ごすのも良いもんです。
そんな時には、冬の一番のお気に入り・・・薪ストーブの火ですね。

 温かなぬくもりと、爆ぜる火や、二次燃焼のブルーのオーロラ。のんびりコーヒータイムです。



■温かなぬくもり・・・薪ストーブの火。
温かなぬくもり・・・薪ストーブの火-01


温かなぬくもり・・・薪ストーブの火-02


温かなぬくもり・・・薪ストーブの火-03


温かなぬくもり・・・薪ストーブの火-04

■二次燃焼の際見えるオーロラ・・・・ブルーの炎が素敵です。
 いつまでも見飽きません・・・ね。至福の時です。
温かなぬくもり・・・薪ストーブの火

渋い色合いになったグランマー コッパー ケトル。

 グランマー コッパー ケトルというのは『おばあちゃんの銅製ケトル』。

 バーモントキャスティングス(私の薪ストーブ)日本輸入総代理店のファイヤーサイド社長のおばあちゃんが愛用していた19世紀のケトルを再現したものとか。(復刻バージョン)

 薪ストーブを導入する際に、格好いいからと、手に入れたものです。
新品のケトルは輝く銅色で、lきらびやかな雰囲気のものでした。

 おばあちゃんのケトルというイメージにはほど遠いものでした。
月日が流れ、このケトルも8年目。良い具合に渋いケトルとなって来ました。

 しかし、残念なことに、ファイヤーサイドには、ケトルのこの形はもうありません。
バージョンアップし、注ぎ口がリベット止めとなってしまい、どう見ても無骨そのもの。おばあちゃんの素朴さが見られません。

 残念です。
今あるこのケトル、大切にしなければいけませんね。永久保存版です。


■新品の頃のグランマー コッパー ケトル
新品の頃のグランマー コッパー ケトル-01


新品の頃のグランマー コッパー ケトル-02


新品の頃のグランマー コッパー ケトル-03

■渋くなったグランマー コッパー ケトル
  素朴な、まさに、おばあちゃんの銅製ケトルですね。
渋くなったグランマー コッパー ケトル-01

■この色合いが堪りません・・・ね。
渋くなったグランマー コッパー ケトル-02


 

寒い時の、一つの楽しみ・・・・薪ストーブ

 日本全国、寒波に被われていますね。
北国では大雪、大変な思いをしているようです。

 ここ八ヶ岳南麓では幸いにして? 雪が舞う程度。残念な気持ちもありますが、良しとしなければいけません。

 寒い時の薪ストーブは、いろいろな楽しみがあります。
中でも、炎を見る楽しみはとっても良いものです。もちろん薪ストーブクッキングなるものもありますが、別格な楽しみです。

 薪ストーブの炎というものはいろいろな色があります。
オーロラ燃焼という、ブルーの炎の揺らめきは、魅力たっぷり。温かな赤やオレンジ色も・・・白色もあるんですよ。

 炎の揺らめきもいろいろ、こう話していくと、薪ストーブ炎の魅力はたくさんあります。



■オーロラ燃焼(薪ストーブ二次燃焼で見られるもの)
 ブルーの色合いが揺らめきます。
オーロラ燃焼-01

■ブルーと白色の揺らめき
オーロラ燃焼-02

■熾火とブルーの揺らめきも美しいですね。
薪ストーブの炎-01

■白色の炎、この魅力も外せません。
薪ストーブの炎-02

ファイヤーツールを揃えました。

 秘密基地では、薪ストーブの時季到来と言った感じとなってきました。
薪ストーブの炎を見ているだけで、幸せ感があります。

 もちろん、暖かさは格別なものがあります。
その柔らかな暖かさは、優しく身体を包み込み、ゆったりとした気持ちにさせてくれます。

 秘密基地に薪ストーブを設置し、7年となりましたが、薪ストーブ用のツール・・・火かき棒(POKER)と火ばさみ (TONG)・灰を取り出すスコップ状のものなど、一切用意をしてきませんでした。

 火かき棒は枝を使い、灰を取り出すには移植ごて、火ばさみはなし・・・・と言った感じでした。

 ここに来て、日本人のアイデアと製作で面白いツールを見付けました。
ストーブの火をコントロールする『つかむ』、『かえす』、『くだく』、『ならす』という作業が一つのツールで出来るもの薪ストーブ専門店FIRE SIDEから販売されています『ファイヤーバード』というものです。

 試しに・・・手に入れて、使ってみました。
たしかに、面白いツールです。

 火ばさみ (TONG)は大きな薪は、ちょっと難がありますが、充分使えます。
こんなものを手に入れてしまいますと、ファイヤーツールを結局物色している自分が居ました。

 何の気なしにヤフオクを見ていますと、やはり出ていましたね。
アイアン(4点セット)の4.1kg、結構重厚なものです。市価の70%レス。落札成功しました。

 何か知らないうちに、本格的な薪ストーブツールのセットが出来上がりです。
やはり、このようなものは、薪ストーブのアクセサリー、あるとないとでは、雰囲気が違います。良い感じです。

 もっと早くから用意していきたかったですね。

 この冬は楽しめますね。火遊び・・・・・・・・・・・・。



■薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)
薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-01


薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-02

■実用性が結構あります。長さも、そしてツールの重量感もあります。
薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-03

■FIRE SIDEという薪ストーブストーブ専門店の印。
薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-04

■火かき棒にはもってこいの形。
薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-05

■薪ストーブの回りにツールを置きますと、雰囲気がまったく違ってきました。
  右側に、ヤフオクで手に入れた4点セット、左にぶら下がっているのがファイヤーバード。
薪ストーブツール・Fire Bird(ファイヤーバード)-06

■ヤフオクで手に入れたアイアン4点セット
薪ストーブツール

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014