ロードバイクのタイヤ・・・ピレリー P ZEROと聞いて。

 ロードバイクのタイヤがどうも相性がよくありません。
今、付けていますのが『コンチネンタル GrandPrix 4000S II』。

  サイド周りから繊維のようなものがパラパラと飛び出し、スポークに絡みつきます。
それが頻繁に起こっています。
タイヤがバーストでもしてしまうのかと言った、一抹の不安さえ出てきます。

 こんなタイヤいやだぁ・・・と、別なものを探していますと。
なんとまぁ、以前から車のタイヤでお気に入りの、P-ZEROと言う同じ名前のロードバイク用のタイヤが出ているではありませんか。
(PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ロードクリンチャータイヤ 700x25C)

 イタリアのPIRELLI社、ロードバイクにこのP-ZEROと言う名前を付けて世に出すタイヤ、よほどの自信があるのでしょう。


 早速、お気に入りのロードバイクショップにお願いし、取り付けてみました。
コンチネンタル GrandPrix 4000S IIのゴツゴツ感、ハンドルから伝わる振動、柔らかなんですよ。
 転がりもよく、下りのコーナーもオーバーランしなく、緊張も少なくなりました。

        私にとってはとても乗りやすいものとなります。大正解です。

重量210g、Pirelli SmartNET Silicaを採用し、低い転がり抵抗、ドライ&ウェットコンディションでの優れたグリップ性能とコンフォート性能を発揮すると言いますが、本当に使いやすいタイヤです。


■ PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO       ロードクリンチャータイヤ 700x25C
PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ロードクリンチャータイヤ 700x25C-01

■お気に入りのロードバイクショップでの取り付け。
PITにて・・・


PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ロードクリンチャータイヤ 700x25C-02

■このタイヤトレッドが・・・ドライ&ウェットコンディションでの優れたグリップ性能とコンフォート性能を発揮すると言います。
PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ロードクリンチャータイヤ 700x25C-03


PIRELLI(ピレリ) P ZERO VELO ロードクリンチャータイヤ 700x25C-04



   PIRELLI P-ZEROと聞いただけで、車に乗っている感じもしますから不思議な感じ。



スポンサーサイト

PINARELLO PRINCEと諏訪湖。

 秘密基地から諏訪湖まで35km。
諏訪湖一周が16km 

 往復・・・約100km

 ちょっとめげます。
交通量の多い国道20号・・・ちょっと考え物です。特に大型トラックの多いこと。止めました。

 もう・・・軟弱きわまりないですが、PINARELLO PRINCEを車で運ぶことにしました。

 諏訪湖湖畔にある『原田泰治 美術館』やお隣にあるサンタモリーナ教会を寄り道。
のんびり、湖畔一周16kmを楽しんできました。


■PINARELLO PRINCEと諏訪湖
 強烈な日差しですが、吹く風はさわやかに頬に当たります。とても気持ちのよいサイクリングです。
PINARELLO PRINCEと諏訪湖


PINARELLO PRINCEと諏訪湖


PINARELLO PRINCEと諏訪湖


PINARELLO PRINCEと諏訪湖


PINARELLO PRINCEと諏訪湖

■諏訪湖湖畔に佇むサンタモリーナ教会とPINARELLO PRINCE
サンタモリーナ教会とPINARELLO PRINCE

■CHIESA DI SANT AMORINA サンタモリーナ教会
サンタモリーナ教会とPINARELLO PRINCE-01

■原田泰治美術館とPINARELLO PRINCE
原田泰治美術館とPINARELLO PRINCE-01


原田泰治美術館とPINARELLO PRINCE-02

秘密基地周辺の激坂・・・きついのですが楽しさいっぱい。PINARELLO PRINCE。

 秘密基地周辺を自転車で遊ぶなど、一様にして驚かされます。
確かに、死ぬほどの苦しさを味わうほどの激坂がいっぱいです。

 今回は秘密基地から南アルプス方面に下り、南アルプスの麓をロードバイクで汗を流してきました。

 花水坂という激坂・・・そして中山峠を通って、鳳凰三山の麓、藪ノ湯と言う鉱泉まで、大汗かいてのロードバイクの楽しみを味わってきました。



■甲斐駒大橋、広域農道に架かる橋ですが、滅多に車は通りません、
PINARElLLO PRINCE-01

■新緑の中、気持ちのよい汗がかけます。藪ノ湯下の雑木林の林道
PINARElLLO PRINCE-02

■花水坂 休憩ポイント
PINARElLLO PRINCE-03

■ヘアーピンカーブの激坂・・・激坂に見えませんね・・・
PINARElLLO PRINCE-04


PINARElLLO PRINCE-05

■このヘアーピンカーブ、ペタルを漕ぐ足に乳酸が、たまりっぱなしとなります。
PINARElLLO PRINCE-06


天気の悪い日はロードバイクのお掃除。

 メカニカルなものへの好奇心は特別なものがあります。
車や自転車のメンテ、秘密基地でのチェーンソーやエンジン刈り払い機、さらには工具類の手入れ、刃物類の研ぎなど大好きです。

 素人メンテなのですが、いじり回すことが、何とも快感となります。
今回、秘密基地に入る際に、ロードバイクの持ち込みをしますので、点検と掃除をします。

 パーツクリーナーで汚れを落とし、各駆動部にオイル。

  特にスプロケットという、リアーの DURA ACE 9100 11-30Tは八ヶ岳仕様(八ヶ岳でのロードバイクお遊び)に考えたギア編成で、激坂用に30のギアを持ってきているところです。

 この機能美は、掃除の際、お気に入りの所です。

 本当にマニアックなところですが、メカ的な機能美は大好きで、いつまでもいじり回していても、飽きません。



■スプロケット DURA ACE 9100 11-30T
 きれいになりました。
スプロケット DURA ACE 9100 11-30T-01


スプロケット DURA ACE 9100 11-30T-02


スプロケット DURA ACE 9100 11-30T-03


スプロケット DURA ACE 9100 11-30T-04


PINARELLO-Logo-00



 今回の秘密基地入りでは野辺山高原・諏訪湖一周のチャレンジを使用と考えています。
激坂を、スムーズにクリアーできるといいですが・・・・。





新緑の中で・・・Pinarello Prince

 さわやかな薫風の中で、ロードバイクを走らせてきました。
今までは、ロードバイクに乗ろうなどと、考えもできないほどの暑さでしたが、今日のさわやかな風は、とても気持ちのよいものです。

 まさに薫風(くんぷう)吹く、ロードバイク日和(びより)です。
しかし、風が強くなるときもあり、ロードバイクがあおられます。追い風の場合はいいのですが、向かい風は大変。


 そんな中、雑木林や、公園の片隅で一休み。とても気持ちのよい時間が流れます。
汗の流れ落ちる額に、さわやかな風が当たります。

 新緑の柔らかな色、透明感のグリーの中に佇む気持ちよさ、喩えようがありません。



■新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと。
新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-01


新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-02

■野原のような広場で寝転がって一休み。
新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-03


新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-04

■コンポ-ネントも快調です。
新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-05


新緑の中で・・・PINARELLO PRINCEと-06


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014