早くも・・・キンミズヒキのお目見えです。

バラ科のキンミズヒキ(金水引、 Agrimonia pilosa var. japonica )の開花が始まりました。

 木漏れ日の当たるような、ちょっと薄暗い場所で、金色に輝くような黄色の小花の存在感が高まっています。
薄暗さの中で、グリーンと黄色のコラボが美しく、タデ科のミズヒキ( Persicaria filiformis)とは、一線を画します。

 どちらかと言えば、ミズヒキは素朴な中に赤と白の小花の美しさですが、このキンミズヒキは光り輝くような存在感があります。
小さいながらもアーチを形成する、しっかりとした5弁花はしべも魅力的です。

 このキンミズヒキの全盛期ももうすぐ。
夏の暑さが、一段落する頃、素敵な世界が見えることでしょう・・・ね。



■キンミズヒキ
キンミズヒキ-01


キンミズヒキ-02


キンミズヒキ-03


キンミズヒキ-04


スポンサーサイト

ホトトギスの一番手、ヤマジノホトトギス。

 ユリ科のヤマジノホトトギス(山路の杜鵑草、Tricyrtis affinis )の開花が始まりました。


 秘密基地にはホトトギスの種類がいろいろあります。
その素朴さと、地味な彩りが大好きです。

 また、その造形が面白く、好奇心を誘われます。

 秘密基地のホトトギス、1番手が『ヤマジノホトトギス』です。



■ヤマジノホトトギス
ヤマジノホトトギス-01


ヤマジノホトトギス-02


ヤマジノホトトギス-03


ヤマジノホトトギス-04


Phlox paniculata オイランソウの色鮮やかさ。

 眺めるのも暑さを増幅させる花が、秘密基地にあります。
その名をPhlox paniculata フロックス パニクラータ 別名・オイランソウ 草夾竹桃(くさきょうちくとう)等と呼ばれています。

 ハナシノブ科のPhlox paniculata フロックス パニクラータは地下茎でも良く増えてくれますので、庭のワンポイントとしての存在は良いものがありますが、これがいっぱいとなると、もういけません。

 夏の暑さを増幅させ、眺めているだけで、気が滅入ります。
このフロックスは乾燥にもめっぽう強く、もちろん耐寒性抜群。ですから、秘密基地でも余裕でOKです。

 これからもたくさん増やさず、ワンポイントの色味としての存在をキープさせていくつもりです。



■Phlox paniculata フロックス パニクラータ
 この色鮮やかさには・・・夏向きとは言えませんよね。まさに、庭のワンポイントの色味の存在です。
Phlox paniculata フロックス パニクラータ-01


Phlox paniculata フロックス パニクラータ-02


Phlox paniculata フロックス パニクラータ-03

■こんな姿の時の方が好きですね。・・・・Phlox paniculata フロックス パニクラータ
Phlox paniculata フロックス パニクラータ-04


休憩時間にトンボと遊ぶ。

 朝から庭作業。
猛暑で、大汗、水分補給。

 着替えも何枚もします。
芝生に寝っ転がっての休憩時間が多くなります。

 今日は不思議とトンボの姿をよく見ます。
せっかくなので、近接撮影に臨みました。じっと動かずデジカメを構えていますと、連中も余り警戒しません。

 トンボの複眼を、しっかりと撮りたい・・・・・。

             撮ってみましたよ。



アキアカネ-01


アキアカネ-02

■アキアカネ(Sympetrum frequens)
    初夏から秋の終わりまで水田などでみられるアカネトンボの仲間ですね。
アキアカネ-03


アキアカネ-04


アキアカネ-05


オキナワスズメウリ栽培へのチャレンジ。

 オキナワスズメウリはネットで知り合った『風船かずら』さんから種を頂き、栽培を続けているものです。
沖縄と名前が付くことからも亜熱帯や熱帯エリアに分布する植物と言うことがわかります。

 従って、気温が15℃以上を保てる環境になると、種蒔きなどの栽培が可能となります。
栽培当初は、15℃などという気温を無視し、種蒔きをして、悶々としたものです。

 昨年は6月になり、種蒔きをしてみましたが、ちゃんと生育し、実も付けてくれました。
その実はスイカを小さくしたような模様のある実をたくさんつけ、次第に赤くなって綺麗です。

 知人友人たちが、欲しいと、リクエストがたくさんありました。

 今回のチャレンジは、その株を温室内で年越しをし、秘密基地に持っていくことです。
15℃という、温度管理、葉は枯れ、茎のみがグリーンをしていましたので、なんとか冬越しが出来、6月の下旬に秘密基地に持ってくることが出来ました。

 秘密基地はとにかく乾燥が激しいのですが、ひたすら水遣りです 。
横浜に戻る際は、とても心配となりますが、オキナワスズメウリの生命力に賭けてみます。

 心配したほどでもなく、元気に生長してくれ、今日は初花です。
何とも可愛らしい透明感のある黄色。

   一つのチャレンジが成功です。・・・・・種蒔きせずに、15℃という温度管理が出来れば越冬できましたね。



■オキナワスズメウリの開花
オキナワスズメウリの開花-01


オキナワスズメウリの開花-02


オキナワスズメウリの開花-03


オキナワスズメウリの開花-04



■こんな可愛い実が出来るのですよ。(2013年冬、風船かずら さんから頂いたもの)
オキナワスズメウリの実

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014