サラシナショウマの清楚な花穂。

 秘密基地の庭、木漏れ日の当たるところに最後と思われる、サラシナショウマの白い花穂が1本だけあります。

キンポウゲ科のサラシナショウマ(Cimicifuga simplex)の白い花穂は清楚な美しさを見せ、大好きです。
儚そうに見える花穂は、意外に強く、長い間、その美しさを見せてくれます。



■サラシナショウマ(Cimicifuga simplex)の白い花穂
サラシナショウマ(Cimicifuga simplex)-01


サラシナショウマ(Cimicifuga simplex)-02


サラシナショウマ(Cimicifuga simplex)-03



スポンサーサイト

話のタネにと、ステビア。

 ステビアと聞いて、あぁ・・天然由来のカロリー0の甘味料というのが思い浮かべますね。
ポカリスエットやダイエット食品にたくさん使われていました。

 なんとその甘さが、ショ糖の200-300倍と言うのですから、驚きます。
キク科のステビア(Stevia rebaudiana)は南米パラグアイをはじめとする南アメリカ原産の植物で、現地では薬草として崇められ、
ハーブティとして人気のあるものです。

 一方、ステビアは毒性のあるものという説もあります。
発がん性の物質があるとか・・・・疑いがあるとか・・・諸説が入り交じっているのが現状です。

 南米の現地の方たちが長年使っているという事実もあるのですが・・・・。

 特に面白いのはステビアを堆肥として使用すると、作物に甘みがでるとか・・・そのようなイチゴ・リンゴ・ミカンが販売されているというのも驚かされます。

 秘密基地での、ステビアの栽培はそのような話のネタ。
私はハーブのミントと一緒に、ステビアを少し混ぜ、ハーブティを楽しんでいます。

 そのすっきりとした甘さが、素晴らしく、虜となりますが、ほどほどとしています。



■ステビア(Stevia rebaudiana)の小さな白花
ステビア(Stevia rebaudiana)-01


ステビア(Stevia rebaudiana)-02

■ミントとステビアのハーブティ
 ほんのりとした甘さ、しつこい甘さでないのがいいです。美味しく頂きました。
ミントとステビアのハーブティ

自生種のリンドウ、秘密基地での開花。

 素朴の中にも凜とした美しさのあるリンドウが好きです。
特に、名も無い秘密基地敷地内での自生種のリンドウ。大切にしていますが、花弁がパッとしません。

 今年の雨続きの、天候の悪さも影響しているのか?
ブルーの彩りも、今年は冴え渡っていません。

 しかし・・・・リンドウの顔を見せてくれるだけ、嬉しいです。



■自生種のリンドウ
自生種のリンドウ-01


自生種のリンドウ-02


自生種のリンドウ-03


自生種のリンドウ-04

ガーデニング。。。新しきへの挑戦。フジアザミの実生&スパラキシス・トリカラーの栽培

 秘密基地の庭。。。原種バラ・山野草等を中心に、庭造りを試行錯誤で楽しんでいます。

 それとは別に、アザミをいくつか栽培しています。野アザミ・野原アザミ・瑠璃玉アザミ・アーティチョーク等々です。
憧れのフジアザミ、種を手に入れましたので、実生へのチャレンジです。


 また、赤系の花が庭にはありません。そこで30~40cm位の生長をするアヤメ科のSparaxis tricolorという余りで回っていない球根植物の栽培もしたいと考えています。

 南アフリカ原産の半耐寒性の球根植物と言いますので、秘密基地ではチャレンジに当たります。
パンパスグラスの栽培に成功しましたので、何とかなるだろうという甘い考えです。


■フジアザミの種
フジアザミの種-01


フジアザミの種-02

■フジアザミの花・・・とても大きな花を付けます。
フジアザミ

■種蒔きは・・・砂礫質の場所に生育しますので、桐生砂・硬質鹿沼土の小・赤玉土の小・・・ピートモスを少々・パーライト・軽石も少々。   このような水はけの良い培養土を作り、種蒔きをしました。来年が楽しみです。
種蒔き-フジアザミ

■アヤメ科 Sparaxis tricolorの球根・・30球手に入れました。オークションで、お手頃価格で落札が出来ました。
スパラキシス-球根

ダルマホトトギスというホトトギス。

 面白い名前を持ったホトトギスを4年ぐらい前に購入し、育てています。
その特徴として、葉にあるらしいのです。大きく広い葉を展開し、普通種のホトトギスより、ずいぶんと小さな矮性と言うことです。

 このようにずんぐりとしたぽっちゃりスタイルの葉姿から『達磨・だるま』とネーミングされたと聞きます。

 白花ホトトギスのように、こぼれ種で爆発的には増殖しませんので、長年栽培していても苦にならないホトトギスです。


■ダルマホトトギス (ユリ科ホトトギス属 多年生草木植物 Tricyrtis formosana ‘Daruma’)
ダルマホトトギス-01


ダルマホトトギス-02


ダルマホトトギス-03


ダルマホトトギス-04


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014