5mmにも満たない花なのですが・・・・アスパラガス・スプレンゲリー。

 アスパラガスと言っても、サラダやソテー、天ぷらで頂く野菜のアスパラとは違う、園芸用の植物です。

キジカクシ科のAsparagus densiflorus 'Sprengeri' アスパラガス・スプレンゲリーは・・・
 原産:モザンビーク、南アフリカで、乾燥にも強く、耐寒性:USDA 9a(-9℃前後)と言われています。

また、アスパラガスは、ユーラシア大陸やアフリカ大陸と周辺の島々に約120種が自生し、いろいろな交配種が育種されているようです。


 ほとんどが、花を観賞するような園芸種ではなく、観葉植物としての利用が主なものです・・・ね。


 ウチのアスパラガスは、コマツガーデンのオーナーおじいちゃんからランを頂いた際、その鉢に紛れ込んでいたものを、好奇心から栽培を始めたものです。
 昨年から花が開花しだし、白弁としべのオレンジ、このコントラストが好きで、開花が待ち遠しく思っています。

 しかし、花が5mmに満たない大きさで、花を観賞するようなものではありませんが香りが素敵なのです。
小さな花に似合わない、素敵な香りが漂います。

 あま~いココナツミルクのような香り、チビちゃんたちの消しゴムの匂い。
           ちょっと甘めですが、ホワッとした香りなんですよね。



■Asparagus densiflorus 'Sprengeri' 
Asparagus densiflorus 'Sprengeri' -01


Asparagus densiflorus 'Sprengeri' -02


Asparagus densiflorus 'Sprengeri' -03


Asparagus densiflorus 'Sprengeri' -04


Asparagus densiflorus 'Sprengeri' -05



   このアスパラガスの花、これまた気まぐれな開花の仕方をします。
 何時、開花してくれるのか、全く予想が立ちません。
 株が大きくなっているにもかかわらず、開花しませんと言ったこともあり、気がついてみますと、開花していると言ったことがあるのです。

 律儀に毎年開花してくれることを願いたいですね。




スポンサーサイト

ヘンリーヅタの花・・・花らしくない花。

 今年は例年になく、ヘンリーヅタにたくさんの花が付き、結実も始まっています。

 ヘンリーヅタの花といっても、美しいものではなく、しべが目立つだけの素朴なものです。
花弁は何処????
 と、不思議なものです。

 見方によっては、しべが花弁のようにも見え、パチッ・パチッと弾けるようにも見えてきます。



■ヘンリーヅタの素朴な花
ヘンリーヅタの素朴な花-01

■しべだけがよく目立つ、不思議なものです・・・ね。
ヘンリーヅタの素朴な花-02


ヘンリーヅタの素朴な花-03


ヘンリーヅタの素朴な花-04

実生のクサナギオゴケが開花。

 白花のクサナギオゴケは5月に開花していますが、小豆色したクサナギオゴケ(普通種)の実生苗が、ようやく開花に至りました。

絶滅危惧種として大切にしなければいけないキョウチクトウ科のクサナギオゴケ、希少な存在ですが、白花はさらに希少性がたかいものです。

 しかし、普通種の小豆色したクサナギオゴケの方が私の好み。こちらの方を大切にしています。
似たようなものに、『ジョウシュウカモメヅル』がありますが、こちらは細弁で、かなりの星形の花を付けます。

 クサナギオゴケの方は、どちらかと言えば『ヒトデ形』でしょうね。
小さな(1cm足らずの花)ですが、形と色の魅力にはまっています。


■クサナギオゴケ・・・実生からの開花
クサナギオゴケ・・・実生からの開花-01


クサナギオゴケ・・・実生からの開花-02


クサナギオゴケ・・・実生からの開花-03


クサナギオゴケ・・・実生からの開花-04


暑苦しさ満タン・・・ガイラルディアの色。

 暑い日が続きます・・・ね。
体温に迫る勢いで、気温が上昇、呼吸も息苦しくなります・・・ね。


 こんな時に、ガイラルディアのような暑苦しい色彩は、見るに堪えがたいものがあります。
ガーデニングの材料として、後悔しています。

 今年は、この花がいっぱいになりました。


■ガイラルディア Gaillardia pulchella
    暑苦しい色彩がいっぱいです。
Gaillardia pulchella-01


Gaillardia pulchella-02


Gaillardia pulchella-03


Gaillardia pulchella-04

■このグラデーションが暑さを誘います。暑すぎ・・・・・。
Gaillardia pulchella-05




ヤマアジサイ『紅』の最終の色彩が渋い。

 初夏の便りと共に、アジサイの季節が終わろうとしています。

 ヤマアジサイの『紅 くれない』の色の変化も最終になりました。
とても素敵なピンクから深紅と、萼片の変化は楽しみなものでした。

 ここに来て、最終の色彩が渋い、赤色を見せています。
この色合いも『紅』の魅力の一つです・・・ね。



■ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。
ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。-01


ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。-02


ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。-03


ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。-04


ヤマアジサイ 紅 最終の、渋い彩り。-05


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014