思いついたように開花してくれます。Den.secundum var.alba

 東南アジアの原種ラン デンドロビュームの白花です。
Den.secundum var.alba デンドロビューム セクンダム アルバ

 タイ北部の、灌木地帯でのラン採集の際、道端の物売りの方がDen.secundum var.alba の株を裸根で持っていました。
それが欲しいと、交渉し、横浜に持って帰りました。

 このランは本当に気まぐれで・・・多分私の栽培方法(環境)が、上手く馴染まないのか、定期的な開花をしてくれません。


     今朝、気が付きますと、開花しはじめています。

 通常はピンクの小花をびっしりと付けるDen.secundum その白花(Alba)で、大変貴重なものです。
清楚な花容で、オレンジのリップがワンポイントとして美しさに華を添えているようです。


■Den.secundum var.alba デンドロビューム セクンダム アルバ
Den.secundum var.alba -01


Den.secundum var.alba -02


Den.secundum var.alba -03










スポンサーサイト

ちょっと違った彩りのDen.Kuniko。

 いつもは濃紺色を見せるデンドロビューム クニコ(Den.Kuniko)。
温室内で、お気に入りのランたちに混じって、デンドロビュームの交配種Kunikoが特別席にいます。

 花容と彩りが好きで、手放せずに、ず~っと栽培を続けている洋ランです。


 この時期に開花するのは、珍しく、開花した姿を見てみますと、ずいぶんと色が抜け、別な株と思うほどです。
それがまた魅力的で、まじまじと眺めてしまうのです。



■季節外れに開花・・・色の抜けたDen.Kuniko
  この藤色がかった彩りも魅力です。
色の抜けたDen.Kuniko-01


色の抜けたDen.Kuniko-02


色の抜けたDen.Kuniko-03

■葉のなくなった茎に・・・たった一輪だけ色の抜けた花弁を見せています。
  この藤色も素敵です。
色の抜けたDen.Kuniko-04



気まぐれ開花の原種ラン・Dendrobium equitans。

 5月の連休中に開花が見られた台湾・フィリピンが原産の原種ランDendrobium equitansがまた開花し出しました。
このランは開花のメカリズムがよくわかりません。

 ひょっとして・・・・四季咲き??
年に最低でも3回は開花します。 本当に気まぐれなのです。

 気が付くと開花しているといった感じもなります。

 花径2cmくらいの小さな白花。たくさん開花しますので、見事です。



 しかし・・・・デジカメで撮影となると、難しいのです。
被写界深度というのを考えて、F値(絞り値)を決めていますが、小さく、リップなど奥行きがありますので、ボケをどのようにしていくのか、悩むところです。

 結局、マクロレンズの開放F値や、絞り込んでの撮影・・・いろいろチャレンジしてみます。

 やはり・・・・腕がないんですね。もう少し、精進しませんといけませんね。



■Dendrobium equitans。
Dendrobium equitans。-01


Dendrobium equitans。-02


Dendrobium equitans。-03


Dendrobium equitans。-04


Dendrobium equitans。-05


Dendrobium equitans。-06


インドネシアの洋ラン原種・Coelogyne speciosaの開花。

 インドネシアの洋ラン原種・Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)が開花してきました。
通常は4月に開花してくれますが、今回は真夏にもう一度開花してくれました。

 ちょっと、いるだけで大汗をかいてしまうような、茹だる暑さの温室内で、やけに元気です。

東南アジア、マレーシア~インドネシアの高地に原生する着生種で、インドネシアを中心に約120種類が自生している洋ラン原種です。

 一見しますと、ちょっとグロテスクのような感じもし、色味は緑がかったベージュを主体と、茶色しかないのですが、この彩りは好きです。
結構水をほしがり、今の時期は夜の葉水は有効で、元気の源のようです。



■Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)
Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)-01


Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)-02


Coelogyne speciosa(セロジネ スペシオサ)-03


ニューギニアと台湾の原種ラン、一代交配種。

 Den.smilliae(スミリエ)✕Den.miyakei(ミヤケイ)という原種ランの一代交配です。

Dendrobium smilliae は、ニューギニアの髙地産ではない原種ランです。
一方、Dendrobium miyakei は、台湾産の原種ラン。面白い組み合わせです。

 房咲きの花(スミリエ)と赤の濃い(ミヤケイ)ものの交配です。
思惑通りには行きませんでしたが、面白い花が開花しています。

 余り見栄えのしない小さな花の集まりなのですが、話の種にはなりそうです。



■Dendrobium miyakei ✕ Dendrobium smilliae
Dendrobium miyakei ✕ Dendrobium smilliae-01


Dendrobium miyakei ✕ Dendrobium smilliae-02


Dendrobium miyakei ✕ Dendrobium smilliae-03


Dendrobium miyakei ✕ Dendrobium smilliae-04

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014