好奇心を誘う花・・・ヒメコウゾの花。

 雑木林の縁に、ピンク色した奇妙な花が咲いています。
花として見て良いのか、戸惑いを感じつつ、近づいてみます。一見して、花弁が散った後のしべだけが残っているのかと思っていたのですが、ちがうようです。

 葉はよく見てみますと、桑のような感じもしますが、ちょっとちがうような気がします。

 わからないものを見ますと、どうしても知りたくなる性分、自分でも笑ってしまうほどです。
ウチの奥さんも、また始まったと言わんばかりに、苦笑い。

 家に帰り、家の樹木関係の書籍を片っ端からひっくり返し、眺めますと・・・・・ありました。

『ヒメコウゾ』という和紙の原料となるクワ科の樹木です。
確かに、クワに似ていた葉を持っていましたね。それにしても奇妙な花を付けるものです。

やはり・・・・知らないより、知っていた方が楽しいに決まっていますよね。



■ヒメコウゾの花
新緑がまぶしいくらいに美しく・・・。

ヒメコウゾの花-01


ヒメコウゾの花-00-3


ヒメコウゾの花-00-1


ヒメコウゾの花-00
スポンサーサイト

ピンクのトチの花

 トチの花と言えば、白い色が定番です。

 一時期、東北のトチの花のハチミツにはまり、恐山近くの養蜂業者を訪ね、蜂蜜を購入していたことがあります。
東北のトチの木はとても立派なものが多く、花も高いところに付くため、よく見ることができませんが、谷間では上から覗き込むこともでき、ウチの奥さんと感動していたものです。

 横浜の家の近くでは園芸農家の畑があり、ピンクの花の咲くトチの木が一本あります。
たぶん園芸種と思いますが、そんなピンクのトチを見ては、東北旅行を思い出します。


■ピンクのトチの花

ピンクのトチの花-01


ピンクのトチの花-02


ピンクのトチの花-03

Rosa.laevigata の花のシャワ-です。

 先日、咲き始めの画像をアップしましたが、いよいよ本格的な花のシャワーが見られるようになりました。

 散歩する方達が、一瞬足を止め、このシャワーを見上げる姿を見る度に嬉しくなります。
今回はすごいヤツ(AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIと言うレンズ)の力を借りて、朝イチで撮りました。

■Rosa.laevigata(ナニワイバラ)

Rosa.laevigata-11


Rosa.laevigata-12


Rosa.laevigata-13


Rosa.laevigata-14


Rosa.laevigata-15

Rosa.laevigata-00-1


■AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIと言うレンズのすごさ。
 HP版 KITAHOのHitorigoto No.971(すごいヤツがやって来ました。)、ちょっと覗いてみてください。

 これから頼もしい相棒となりそうです。
  
AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II



シモバシラに似た小花の可愛いティアレラ ウィリー シルベラードに出会いました。

 散歩の途中、ふと立ち寄ったガーデニングショップ。

 小さなシモバシラに似た、ピンク色がかった穂を立ち上げて居る花を見つけました。
タグを見てみますと、ユキノシタ科のTearella Wherryi Silverad(ティアレラ ウィリー シルベラード)という覚えられないような名前の花です。

 なんと-15℃の低温にも耐えるという耐寒性の優れもの。シェードプランツとしてもOK。
これは秘密基地で使えると・・・・・速攻で手に入れてきました。(調べてみますと、北米原産の山野草でした。)

 一回り大きな鉢に植え替え、秘密基地用にスタンバイでし・・・た。


■Tearella Wherryi Silverad(ティアレラ ウィリー シルベラード)

Tearella Wherryi Silverad-02


Tearella Wherryi Silverad-03

Star of Bethlehem と言う花。

 聞き慣れない・・・『Star of Bethlehem スター オブ ベツレヘム』と言う花。
実はオーニソガラム ウンベラタム(Ornithogalum umbellatum ) ・・・日本名;オオアマナのことです。

 白い星形の花がたくさん咲き、あたかもキリスト誕生の際、流れ星があったとされるその形を連想させることからの命名とか。

 私の好きな花で、秘密基地ではいっぱい育てています。
この花は夕刻には花弁が閉じ、萼の色がグリーンのために、どこかには長き得てしまったかのような錯覚に陥る面白い花です。もちろん、雑草との混植で起こりますよ。(*^_^*)


■Star of Bethlehem スター オブ ベツレヘム

スター オブ ベツレヘム-01


スター オブ ベツレヘム-02


スター オブ ベツレヘム-03


スター オブ ベツレヘム-04


■夕刻に閉じてしまう花弁

スター オブ ベツレヘム-05

原種バラ Rosa.laevigata の開花が始まりました。

 素朴な一重のバラが好きで、秘密基地では原種バラを中心にオールドローズを栽培しています。

 横浜の家では敷地が小さく、たくさんのバラを栽培できません。
すべて地植えで、バラ本来の力を出そうと思っていますので、 家にあるのは、Rosa.laevigata (別名:ナニワイバラ)、Paul's himalayan musk、Queen Elizabeth の3本です。

 その中の一番手、Rosa.laevigata の開花が始まりました。

 白い一重の花弁は大きく、見応え充分です。
その素朴な美しさは、けばけばしさもなく、たくさん咲きますので、見る人たちを魅了します。

■Rosa.laevigata (ナニワイバラ)
 花のシャワーが咲き出しました。

Rosa.laevigata-01

Rosa.laevigata-02

Rosa.laevigata-03

Rosa.laevigata-04

シラー・ペルビアナのキラキラしたブルーが好きですねぇ。

 別名、オオツルボと言われるシラー・ペルビアナの花が咲き出しました。
原産地は地中海沿岸の南ヨーロッパ、北アフリカなどの球根植物です。

 よく大きなアガパンサスに間違われますが、豪快な葉はアガパンサスにそっくりです。
蕾が出て、花が咲けば・・・・???と言った感じになります。アガパンサスじゃないとわかりますから・・・・ね。

 独特の蕾は好奇心を誘います。
そしてブルーに着飾った花がまた素敵に、キラキラと光るようです。



■シラー・ペルビアナ(Scilla peruviana)

Scilla peruviana-01


Scilla peruviana-02

コロンとしたスズランの小花が可愛く。

 東側のキッチンの前の庭、小さなスペースですが、スズランを植えています。

 バラの蕾を見ようとして、そのスペースに行ってみますと、爽やかな良い香りがします。
スズランの香りです。

 秘密基地にも何株も持ち込み植えてはいるものの、余り上手には育ってくれません。
どうしても湿度という水分が必要なのでしょうか。

 横浜の家ではほとんど放任状態なのですが、可愛い小花を付け、香りまで楽しませてもらっています。


■スズランの花
スズラン-00


スズラン-02


スズランの花-04

地エビネの地味な花が朝日に輝きます。

 もう遠くのお話になりますが、横浜北部に位置する、私の家の近くが大規模な造成が行われ、雑木林の伐採が行われました。

 いつもそこの雑木林には癒やされ、たくさんの野草にも触れてきましたが、何とか避難させたいということで、数株の地エビネを庭に持ってきました。

 それが、彼方此方に株分けし、増殖できました。

 もちろん秘密基地にも持ち込み、無事に増え続けています。
本当に地味な花なのですが、名品というエビネなどとはまったく違うのですが、不思議に、この花には和(なご)みます。

 横浜に戻りますと、まず飛び込んできたのがこの地エビネ。
開花に間に合って、本当にラッキーでした。


■地エビネの花

地エビネ-00


地エビネ-01


地エビネ-03

ホワホワしたアオダモの花が面白いです・・・ね。

 秘密基地では春を先取りする花たちが終わりを告げ、一息ついているかのような感じとなってきています。

 お目当てのシンボルツリーのミドリヤマサクラも桜吹雪となっています。

今、アオダモの花が遠目に綿菓子のような姿恰好を見せ、そのおもしろさに魅入ります。


 アオダモといえば、野球のバット作りには欠かせない材料としてもてはやされているようですが、昨今、雑木ブームというのでしょうか、都会の庭にも植栽されるようになってきました。

 実は、娘の家の新築お祝いとしてシンボルツリーをプレゼントしました。それが・・・アオダモなんです。


 アオダモの花の面白いこと、本当に遠目で綿菓子のようです。
よくよく見れば、小さな花の集合体なのですが、独特のおもしろさがあります。

 秘密基地前の雑木林には数本のアオダモがあり、思わず魅入ります・・・ね。


■アオダモの花

アオダモの花-1


アオダモの花-2


アオダモの花-3


アオダモの花-4

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014