ナポレオンの帽子に見えませんか?

 シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)と言うオールドローズの蕾です。

この蕾の形がナポレオンの帽子の形に似ていることから、命名されました。
よくよく見ますと、本当にナポレオンの帽子のように見えますから不思議です。

 1845年 フランスのビベール・J・Pの作出、丸弁のクォーターロゼット咲きのオールドローズです。
話の種にと、秘密基地で栽培しています。

■シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)
 どことなく、ナポレオンの帽子ですよね。

シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)-01


シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)-02


シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)-03

■丸弁のクォーターロゼット咲き

シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)-04


シャポー・ドゥ・ナポレオン(Chapeau de Napoleon)-05

スポンサーサイト

うるさいほど、よく咲くモーツアルト。

 じつは・・・このモーツアルト、名前だけで気に入り、栽培してしまいました。

 栽培当初はチュウレンジバチの幼虫にボロボロに食べられ、見るも無惨な姿が続きました。
何とか立ち直り、いっぱいの花を付けるようになりました。

 安曇野という品種によく似て、ピンクと白のグラデーションを見せる小さな花弁が、また可愛いんです。


■モーツアルト

モーツアルト-01


モーツアルト-02


■こちらも花付きの良い オールドローズの『フランソワ ジュランビル』
 つるバラですので、広い場所さえあれば、うるさいほど開花できます。さらに香りも素敵。

フランソワ ジュランビル-01


フランソワ ジュランビル-02

初夏の雰囲気の中、萩の開花に出会いました。

 不思議な感じがします。
まだ・・・夏にも成っていないこの時期に『萩』が咲くなんて。

 なんだなんだと、近づいて見ていますと、『チョウセンハギ』と名札が付いていました。(神代植物公園)
季節感のちがう植物に出会いますと、不思議な感じになります。

 ???

見たくなかったですねぇ。

でも・・・一生懸命にデジカメに納めている自分がいました。


■チョウセンハギ

チョウセンハギ-01


チョウセンハギ-02


チョウセンハギ-03

ヤマブキショウマにアカショウマの魅力。

 神代植物公園もすっかり山野草の2ndステージに移ってしまいました。

 ヤマブキショウマやアカショウマが元気に花の穂を立ち上げ、薫風に揺れていました。
これらのショウマは見る見方に寄れば、うるさくてイヤという方達もいますが、木漏れ日の下草の中に、白く浮き上がる穂状の花は魅力的です。


■ヤマブキショウマ

ヤマブキショウマ-01


ヤマブキショウマ-02



■こちらはアカショウマです。

アカショウマ-00

バナナのような甘い香りに誘われ・・・・カラタネオガタマ。

 今日は強烈な日差しもなく、爽やかな風が流れていますが、曇天です。


これはチャンスとばかりに、神代植物公園の散策に出かけ、武蔵野の雑木林を感じてきました。

 この時期は原種バラにも会えますし、とっても好奇心を誘う樹木の花にも会えますので、良いチャンスです。
何よりも日差しがないことが、散策にはもってこいです。


■バナナのような甘い香りに誘われ、しばらく癒やしの空間に・・・カラタネオガタマの花。

カラタネオガタマ-01


カラタネオガタマ-02


カラタネオガタマ-03


■近くには大きなタイサンボクの木が・・・・花は高い位置にあり、見ることができません。
 しかし、公園の配慮ですかねぇ・・・ヒメタイサンボクの木が植栽されています。

  可愛い木ですので、容易に花を見させてもらえます。この花も良い香りがします。
幸せ気分いっぱいになりますね。

ヒメタイサンボク-01


ヒメタイサンボク-02


 タイサンボクに並んで、大きな木がユリノキがあります。
この時期はユリノキの開花がはじまり、まさに、チューリップ ツリーと呼ばれるチューリップの様な花を付けます。

 残念ながら、これも高い位置にありますので、全貌は見ることができません。
何とかしてみたいのですが・・・・こればっかりは不可能に近いですね。


■ユリノキの花
    チューリップに似た花ですね。
    下からでしか撮れません。残念です。(>_<)

ユリノキの花-01


ユリノキの花-02


ユリノキの花-03


斑入りミズヒキの素敵な風情。

 今朝はどんよりとした天気ですが爽やかな風が流れています。
庭の樹木の下草に打ち水をしますと、俄然、素敵な表情を見せる斑入り植物。

 お気に入りの斑入りミズヒキが大きく成長しています。
暑い陽気の中では斑入り植物の爽やかな姿は清涼感さえ漂わせ、とても素敵な表情を見せてくれます。


■斑入りミズヒキ

斑入りミズヒキ-01


斑入りミズヒキ-02


斑入りミズヒキ-03

柏葉アジサイに早くも花。

 今年の陽気の異常さ、びっくりです。
暑いのなんのって、車の中ではエアコン、ガンガンです。

 庭のアジサイもこんなに早く開花するのは初めて。さらには柏葉アジサイにも花が展開してきました。

 お気に入りの花が見られるのは良いのですが・・・ねぇ・・、ちょっと困惑気味です。


■柏葉アジサイの花弁

柏葉アジサイ-01


柏葉アジサイ-02

見向きもされなくなったブラックベリー。

 庭の温室の脇にブラックベリーを植えた当初は、実を収穫すると、物珍しさも手伝い、人気者でしたが、小さな種が多く、家族には不人気となり、とうとう誰もリクエストどころか話にも登らなくなりました。

 花の咲く時期には私だけがワクワク。ちょっと、不思議な光景となりました。
黒い実を付けますと、あたかも美味しそうに思えるのですが・・・・。

 残念ですね。


■ブラックベリーの花

ブラックベリーの花-01


ブラックベリーの花-02


ブラックベリーの花-03

一面に広がったヒメイワダレソウ。

 いつもの散歩道の近くに家庭菜園をやっていらっしゃる80歳を超えるおばあちゃんがいます。

 額に汗を流しながら、野菜や草花を栽培しています。
近くを通る度に、素敵なお花がいっぱいですねぇ・・・と、声をかけますと、満面の笑顔で応えてくれます。

 ヒメイワダレソウがたくさんの花を付け、とても素敵です。
思わず、写真を撮らせてくださいと、声をかけてしまいました。

 もちろん素敵な笑顔が返ってきましたよ。


■ヒメイワダレソウ

ヒメイワダレソウ-01


ヒメイワダレソウ-02


ヒメイワダレソウ-03


ヒメイワダレソウ-04

カンパニュラが涼しそう・・・・。

 今日の暑さはただ者ではありません。
まだ・・・・春でしょう・・・もう真夏ですよね。日差しの強烈なこと、恐ろしいです。

 木陰は少しはまとも・・・吹く風が少しは爽やかさを与えてくれますので、助かります。


 ふと目をカンパニュラに向けますと、爽やかさを感じさせ、ホッと、します。



■カンパニュラ・ラプンクルス(Campanula rapunculus)

カンパニュラ-01


カンパニュラ-02


カンパニュラ-03


カンパニュラ-04

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014