萌え出る若葉が美しく。

 いつもの散歩道、ようやくミズキに芽吹きが確認されました。
萌えいずる若葉が陽を透かせて、さらに美しく見えます。

 玉ボケで撮ってみました。



■ミズキの若葉・・・・玉ボケ画像。
ミズキの若葉-01


ミズキの若葉-02


ミズキの若葉-03


スポンサーサイト

ツルニチニチソウのブルーがやけに美しいですね。

 ツルニチニチソウは、南ヨーロッパから北アフリカにかけて分布するキョウチクトウ科の常緑蔓性植物。
手間いらずの、グランドカバーにはもってこいの植物です。

 今日は穏やかに、美しい青空が見えます。
そのブルーよりも、もっともっと美しい彩りを魅せる『ツルニチニチソウ』がいっぱいに開花しています。

 単純な五角形を見せる花弁ですが、なんと言っても美しいブルーが良いですね。



■ツルニチニチソウ
ツルニチニチソウ-01


ツルニチニチソウ-02


ツルニチニチソウ-03


ツルニチニチソウ-04


朝寝坊?の黄花アマナさん。

 オオアマナと呼ばれる『ベツレヘムの星』は太陽が沈めば、ぐっすりと眠りにつくように、花弁を閉じ、萼片のグリーンと相まって、花が隠れてしまうようになります。

 この状態を知りませんと、花が消えたと思ってしまうほどです。

 黄花アマナはどうでしょうか?
同じように、太陽が沈みますと、しっかりと花弁を閉じ、眠るようです。

 また、陽が上がっても、なかなか花弁を展開しなく、朝寝坊のような感じさえ受けます。
陽が上がり、暖かくなりますと、大きく花弁を展開し、素敵な黄色い花弁を見せてくれます。

 どこか人間味のある『黄花アマナ』が好きになりますね。



■黄花アマナ・・・もうとっくに陽が昇っているのですが・・・・寝ていますよ。
黄花アマナ-01

■時間は13:36 やっと全開になりました。朝寝坊さん!
黄花アマナ-02


黄花アマナ-03


黄花アマナ-04




イカリソウの花形がおもしろい。

 メギ科のイカリソウの花形は独特です。
その姿が面白く、秘密基地でもいろいろ育てています。

 しべを囲む4つの花弁が、四方に突き出している距と言う部分が、特徴ある形になっています。
その特徴ある形が、船の錨に似ていることから『イカリソウ』・・・面白いネーミングですね。


 今年の開花は、少し遅れ気味ですね。


■イカリソウ
イカリソウ-01


イカリソウ-02


イカリソウ-03


■こちらは黄花イカリソウとよく間違われます『イカリソウ サルフレ-ムmedium x versicolor 'Sulphureum' 』です。
 ヨーロッパで育成された日本のイカリソウとの交配種です。小さなコロンとした黄色のイカリソウですね。
 強健で、地植えですと、ドンドン大きくなります。

イカリソウ サルフレ-ム-01


イカリソウ サルフレ-ム-02


イカリソウ サルフレ-ム-03



ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014