カッコソウがやっと開花。

 カッコソウの中でも濃色タイプのビロードカッコソウ、一昨年、手に入れました。
このビロードカッコソウはピンクの濃色タイプの交配で、育成されたものです。

 サクラソウ科のカッコソウ自体、数の少ない山野草で、群馬県桐生市周辺の狭い山、主に鳴神山 (なるかみやま) に自生しているだけのようで、絶滅危惧種にしてされています。

また、花が濃い紅なので「勝紅草」と漢字で書き「カッコソウ」と読んだという説もあるようです。
四国にも四国カッコソウが存在しますが、DNA研究で、別種とされています。

 それだけに、日本の限られた地域に自生する『カッコソウ』は大変貴重なものです。


  一昨年、手に入れたビロードカッコソウ、確かに濃色で、美しい輝きをしています。
大切にして、育てていきたいと思います。



■ビロードカッコソウ(Primula kisoana‘Velvet’)
ビロードカッコソウ-01


ビロードカッコソウ-02


ビロードカッコソウ-03


ビロードカッコソウ-04



スポンサーサイト

かんざしのようなタイムの花。

 小さなピンクの花が開花し出しました。
ハーブのタイム(Thymus longicaulis)の花です。

 触れますと、爽やかな香りに包まれ、幸せ気分にさせてもらえます。
なんと言っても、かんざしに似た、小さな花の集合体を作り、その姿が可愛いのです。

 背丈が高くならずに横に広がる性質を持っていますので、グランドカバーにはもってこいのハーブですね。
乾燥地でも日当たりのよいところではドンドン増えてくれ、手間いらずのハーブとなります。

 横浜の家では鉢植えで、小さな花を楽しんでいます。

もちろん・・・限度というものがありますが、秘密基地では放任状態で育てる予定です。




■Thymus longicaulis
Thymus longicaulis-01


Thymus longicaulis-02


Thymus longicaulis-03


Thymus longicaulis-04


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014