涼しげなブルー・・・ルリトラノオ。

 オオバコ科のルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)が涼しげなブルーの彩りを見せてくれています。


 ルリトラノオは環境省のレッドリストの絶滅危惧II類(VU)に指定されている希少な植物です。
生半可な気持ちで栽培してはいけないものです。

 このルリトラノオは秘密基地で、生育しているものの増殖しているとは言えないレベルです。
なんとか環境を整えたいと、思っているのですが、難題です。


 
 開花期のこの時期は、透明感のあるブルーに出会え、心も癒やされます。
吸い込まれそうにもなる、ブルーの彩りは、不思議と笑顔になります・・・ね。


 そんな思いを込め・・・大切にしていきたいのです。


■ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)
ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)-01


ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)-02


ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)-03


ルリトラノオ(瑠璃虎の尾、Veronica subsessilis)-04



スポンサーサイト

カノコガの雨宿り。

 『これ・・・蛾なんですよ。』と、説明しても信じてもらえないですね。
一見して、蝶に見えてしまう『鹿の子蛾』です。

 カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)は白い紋が散りばめられた細めのはねを持つ蛾です。
白紋の部分は 半透明で、白い部分が鹿の子模様となっているため『カノコガ』ですね。


 今朝は、小雨の朝となりました。
シトシトと降る雨は、格好のお湿りとなっています。

 傘を差して庭を歩きますと、いました、いました。
カノコガの雨宿りです。

 カライトソウの茎での雨宿り。
そんな所で雨宿りが出来るの? って、思ってしまうのです。

 デジカメを取り出し、撮影していますと、うざったいのでしょうか、飛んで行ってしまいました。


■カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)
カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)-01


カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)-02


カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)-03

■飛んでいった先が・・アカツメグサの葉の裏。ちょっと失礼しました。
カノコガ(鹿子蛾、Amata fortunei)-04


Geranium Jory Bee のブルー

 Geranium Orionに似たGeranium Jory Beeがたくさんの花を開花させてきました。

 Geranium Jory Bee(ゲラニューム ジョリー ビー)はオリオンと比べますと、少しだけ小ぶりですが、花弁のブルーは負けていません。とっても爽やかなブルーの彩りを見せてくれます。

 よーやく、秘密基地の庭に馴染んで、花をたくさん付けるようになりました。
バラたちの株元に、意気揚々と暮らしているようです・・・ね。


■Geranium Jory Bee
Geranium Jolly Bee-01


Geranium Jolly Bee-02


Geranium Jolly Bee-03

トマトの花も美しい。

 秘密基地の畑で、トマトも栽培しています。
ようやく、トマトらしい実が顔を出してきました。

 しかし・・・まだまだ青いものですが、赤く熟すのが楽しみです。

 

 トマトの花って、意外にも美しいもので、花容が一種独特のもの。星形の花弁が勢いを感じさせます。



■トマトの花(Sugar Plum)
Sugar Plum

■トマトの花(Sweet Carotene)
Sweet Carotene


 まだ青いのですが、トマトらしい実がお目見えです。

■Sugar Plum
    糖度12度~13度というフルーツトマトです。
Sugar Plum

■Sweet Carotene
    オレンジ色したミニトマトが出来ます。
Sweet Carotene

サンショウの実の収穫。

 秘密基地にはサンショウの木が自生していました。
巷(ちまた)で見るような立派な実を付けるものではないのですが、小さな実がたくさん付くものです。

 ミカン科のサンショウ(山椒、学名:Zanthoxylum piperitum)は・・・・春は、『木の芽』と呼ばれ、若芽を楽しみ、お吸い物や和え物に。
初夏は、サンショウの実をちりめん山椒や煮物などに香り付けの楽しみがあります。
そうそう・・・ウナギとサンショウは抜群ですよね。

 秋になって、赤くなった実山椒は、佃煮に使ったり皮と実を使ってつくる粉山椒など、春から秋にかけて長い間楽しめる身近な香辛料です。

 サンショウの実は下ごしらえをし、簡単に茹でて、水にさらし、冷凍保存をします。
小さな粒の中に、いっぱいの栄養成分があり、健康のためにも利用出来る楽しみがあります。

 サンショウの中のサンショオールと言う成分には大脳へ刺激を与え、内臓器官を活発に働かせる効能があるといいます。
また、サンショオールには代謝を促し、発汗効果もあるため冷え性を改める働きがあるそうですので、これを利用しない手はありませんね。。。

 秘密基地生活は・・・こんな楽しみもあるのです。


■サンショウの実がたくさん。
サンショウの実がたくさん-01


サンショウの実がたくさん-02


サンショウの実がたくさん-03

■あばたも、えくぼ?
     ・・・ミカン科らしいボツボツ、よく観察しますと、小さなミカンがいっぱいといった感じです。
サンショウの実がたくさん-04


サンショウの実がたくさん-05




 

サルナシの実が大きくなって来ました。

 マタタビ科のサルナシ(猿梨、Actinidia arguta)はキウイフルーツを連想してもらえば、わかりやすいです。
キウイフルーツの1/6ぐらいの大きさの実なので、相当に小さなものです。

 しかし、生意気にもキウイフルーツにそっくりさんです。
また、小さな実には、想像も付かないくらいの栄養素が含まれ、この実を利用しない手はありません。

 サルナシは、果実酒やジャムなどにも利用され、ビタミンCなどがたくさんあり、タンパク質分解酵素も大量に含み、疲労回復、強壮、整腸、補血などの効能があると言われていますので、それは有効な天然素材です。

 
 秘密基地近くの方から、サルナシの苗を二株頂き、3年が経過しました。
二株の内、一株に実が付きました。

 こんな小さな実ですが、見ているだけで、ワクワクしてきます・・・ね。
 


■サルナシの実
サルナシの実-01


サルナシの実-02


サルナシの実-03


カメレオンと言う名のドクダミ。

 ドクダミの種類に『五色ドクダミ』と言うものがあります。

 江戸時 代に作出されたドクダミの斑入り種がヨーロッパに渡って、『カメレオン・プラント (Chameleon plant)』という名前で普及しました。この斑入りドクダミが逆輸入の かたちで広がったものが『五色ドクダミ』と言うことになります。

 確かにいろいろな色を持ちます『五色ドクダミ』はカメレオンと呼ばれるのは頷けます。
ちょっと悔しいのが逆輸入という形で、日本に入ってきたと言うことです。

 本家本元が余り大事にしなかったドクダミです。

 今、秘密基地ではデッキ下などの余り陽の当たらないところで、のんびりと育っています。
その中で、ちょっとだけ日の当たりが長いところのものに、赤色が葉に出るようで、美しい姿を見ることができます。


■カメレオンと呼ばれるドクダミ・・・・五色ドクダミ
   白や赤、黄色が不規則に入る斑入りの葉が魅力的です。
五色ドクダミ-01


五色ドクダミ-02


五色ドクダミ-03


五色ドクダミ-04

キハギのブルーの彩りが美しい。

 秘密基地にキハギの自生があります。
キハギの彩りの美しさは格別なものがあります。

 白弁の中に柔らかな藤色をうっすらと彩り、1cm足らずの花なのですが、思わず魅入るほどの美しさを感じます。
初夏の雑木林を散歩しますと、良く目にすることが出来ます。

 足を止め、じっくりとその藤色に目を奪われ、時を忘れます。



■キハギの美しさ。
キハギの美しさ-01


キハギの美しさ-02


キハギの美しさ-03


キハギの美しさ-04


キハギの美しさ-05

ヤマアジサイ紅、萼片の美しいピンク化が始まりました。

 ヤマアジサイの紅(くれない)の萼片がピンク色を帯びてきました。
わずかに、ピンクを帯びるこの瞬間(とき)が上品で美しい姿が好きです。

 この後、濃色の赤・・・深紅の彩りとなっていく姿が魅力です。
まずは、この薄ピンクの彩りを楽しみたいです・・・ね。



■ヤマアジサイ 紅
ヤマアジサイ 紅-11


ヤマアジサイ 紅-12


ヤマアジサイ 紅-13


ヤマアジサイ 紅-14


ヤマアジサイ 紅-15


ヤマアジサイ 紅-16


オカトラノオ、ようやく開花です。

 先日、サクラソウ科のオカトラノオ(丘虎の尾、Lysimachia clethroides )の蕾の紹介をしました。

 そのオカトラノオが、ようやく開花です。
小さな白い花の集合体で花穂を作り上げています。

 小さな白弁はカチッと力強く、しっかりとした姿を見せています。



■オカトラノオ
オカトラノオ-11


オカトラノオ-12


オカトラノオ-13


オカトラノオ-14


オカトラノオ-15


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014