途中下車的なサイクリング・・・PINARELLO PRINCEと。

 爽やかな風の吹く中、チャンスとばかりに、またまたPINARELLO PRINCEと、途中下車的なサイクリングをしてきました。
月曜日ともあって、日曜日ほどの人も出ていなく、ゆったりの自転車日和です。

 ロードバイク乗りの凄まじいほどの速さでのサイクリングには、まったく興味はありません。
しかし、八ヶ岳仕様と自分自身で言うように、メイド イン イタリーのPINARELLO PRINCEを軽量化のカスタマイズしています。

 誰も、気づいてもらえそうもないのですが、自分自身の、お気に入りのロードバイクとなっています。

 基本、八ヶ岳界隈の激坂にチャレンジしたりしていますが、横浜では鶴見川の源流を辿り、多摩丘陵を駆け上がるようなサイクリングです。

 それらの途中に、好奇心の向くまま、途中下車なみに、神社仏閣や公園、お店に立ち寄ります。


今回は・・・
    東京町田市にある曹洞宗寺院の大泉寺を訪ねました。

  ここは、平安から鎌倉期にかけ、この地を治めていた小山田氏の城があったと伝えられているところ。
立派な古刹(こさつ)です。境内が広く、しっかりと整備されていますので、休憩ポイントにはもってこいの所です。

 穏やかな空気の流れる、その場所に佇みますと、心が安らぎます。

 車では・・・駐車場を探したりで、こんな空気感を味わうことが出来ませんので、PINARELLO PRINCEで、正解です。


■大泉寺の山門を前にして・・・・・。
 長い参道の石畳が美しいですね。
大泉寺の山門を前にして-01

■立派な山門
  山門の左右には仁王像も入っています。
大泉寺の山門を前にして-02


大泉寺の山門を前にして-03

■大きなご神木?? 
 巨大な樫の木の元で、休憩。
大泉寺の山門を前にして-04


大泉寺-御堂

■大泉寺 観音堂の石段
大泉寺-観音堂



 
スポンサーサイト

気の長~いチャレンジも、あっという間。種からのササユリの開花。

 ササユリは貴重な日本固有の原種ユリです。
また、自生地として、伊豆半島以西の本州及び四国、 九州の地域にのみに見られるユリです。


 ネットで知り合いました石川県の方からササユリの球根や種を頂いたのが2010年の晩秋の頃でした。

  袋撒きがよいと言うことで、ナイロン袋に鹿沼土を湿らせ、その中に種を入れました。
(袋撒きは2010年11月13日)
・・・2回の冬を経験しますと、発芽するようですね。(2012年04月17日17日)

そして、少しだけ球根が大きくなり、球根の植え替えが出来ました。(2014年11月06日)

発芽して4年目。
やっと開花に辿り着きました 。(2016年06月01日) 嬉しかっやですねぇ。

そして、秘密基地のササユリもしっかりとした花が付きました。(2016年06月17日)


   ササユリは・・・今年も元気です。
■横浜の、バックアップ用のササユリ
バックアップ用のササユリ-01


バックアップ用のササユリ-02


バックアップ用のササユリ-03


バックアップ用のササユリ-04


バックアップ用のササユリ-05


 ササユリ栽培で、忘れてはいけないことがあります。
それは・・・連作を嫌う性質があることです。植え替えを頻繁に行うと言うことが、ササユリ栽培のコツのようです。
(ウイルスからも守れます。)

 鉢植えの場合は、赤玉土6 腐葉土3 鹿沼土1で新しい土に植え替えています。面倒ですが仕方ありません。
良い花を見るためには、こまめな手入れが必要なんですから・・・。

 肥料分はほとんど使いません。

クランベリーの花色の変化が美しい。

 丁度、一週間前にクランベリーのことについてアップしました。

 今日は花弁の色変わりについてアップしておきます。
ピンク色を帯びてきているのです。

 それが・・・最初の、白色の花弁とのコラボも見え、とても美しく。同じクランベリーの花とも思えないくらいです。
さらには花数も増え、今年のクランベリーの豊作が、予感さえします。

 たくさんのクランベリージャムが出来そうですね。


■色変わりしつつあるクランベリーの花弁(ピンク)
クランベリーの花弁-01


クランベリーの花弁-02

■白色のクランベリーも良いんですが、柔らかなピンクの色合いが入ると、なお素敵になって来ますね。
クランベリーの花弁-03


クランベリーの花弁-04


クランベリーの花弁-05



ベルベット調の彩りが素敵なんですが・・・Den.anosum Delacourii

 東南アジアの原種ラン、デンドロビュームのデラコウリー(Den.anosum Delacourii)と言う品種。
リップの部分、ベルベット調の目が入ります。

 その彩りが好きで、温室のランたちの縮小を考えているものの、大事にしているものです。
しかし、温室内の環境が合わないのか、なかなか大きく育ってくれません。

 ただ者ならぬヤツかも知れません。


■Den.anosum Delacourii
Den.anosum Delacourii-01


Den.anosum Delacourii-02


Den.anosum Delacourii-03




サラサウツギ・・・別名、サクラウツギ。

 八重咲きのウツギ、サラサウツギが可愛く開花しています。
別名、サクラウツギと呼ばれるように、うっすらと桜色を見せ、他のウツギとは格別な美しさを見せてくれます。

 しかし、八重咲きの宿命?ともいえるうるささがあります。
数輪のサクラウツギは素敵なのですが、いっぱいの八重の花はうるさくて仕方ありません。

 でもねぇ・・・一輪、二輪をまじまじと眺めてしまいますね。


■サクラウツギ(サラサウツギ)
  ほんのりと桜色を見せるのが素敵なんですね。
サクラウツギ(サラサウツギ)-01


サクラウツギ(サラサウツギ)-02


サクラウツギ(サラサウツギ)-03


サクラウツギ(サラサウツギ)-04


ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014