姿形に惹きつけるものがあります。Sempervivum。

 ヨーロッパアルプスの多肉植物、Sempervivum。
春夏秋冬のそれぞれの姿恰好が美しく、時には清水焼の小物を彷彿させ、その魅力は紅葉から始まり、若葉の展開と、見る側を飽きさせません。

 今のこの時期は、紅葉が終わり、若葉の展開に入る時。
これもまた、美しい時です。

 小さな毛がホファ、ホファとそっと抱きかかえたくなる姿。
上品で、気品さえ漂います。



■Sempervivum Pacific Zoftic
Sempervivum Pacific Zoftic

■Sempervivum Pacific Grace
Sempervivum Pacific Grace

■Sempervivum Frodo
Sempervivum Frodo

■清水焼の小物入れを思わず連想してしまいます。
清水焼の小物入れ

     ウチの娘が大事にしているお気に入りのものです。
 小さいながらも素敵なデザインに惚れ込みますね。



■Sempervivum Silver Princess
Sempervivum Silver Princess-01


Sempervivum Silver Princess-02

■Sempervivum Bravo
Sempervivum Bravo

   エイリアンの卵がいっぱい???
 子株がいっぱいに出現です。一気に何倍に増えるのでしょうか。これから気が心配になります。

 『 Bravo』と言う名の通り、感動的な生長をしてくれるのでしょうね。



スポンサーサイト

南アフリカ原産のトリトマが美しいグラデーションを魅せます。

 秘密基地建設時から南アフリカ原産の『トリトマ』という植物に興味があり、苗探しに奔放したのを覚えています。

 7年前ですので、苗らしきものが見当たらなく、『じゃぁ・・・種から育ててやる』でした。
で・・・イギリスから種を取り寄せました。短絡的な行動でしたね。

 しかし、種から育ててやると言った、チャレンジは容易なものではありませんでした。

 育て方もわからず、ただただ、熱帯性ですが、標高の高い所(1400~2800mくらい)に自生していて、耐寒性もあり、地植えでも育てられるとのことを信じ、4号ポット苗になった頃を見計らい、秘密基地に持ってきました。

  ・・・・結果。上手くいきましたよ。達成感いっぱいです。

 今や、別名の松明百合(タイマツユリや英名の『トーチリリー』などと言われる通りの姿となって来ています。

 特に、美しいと感じるポイントが・・・黄色からオレンジに変わるグラデーションの美しさです。



 秘密基地のはどうなっているのでしょう・・・・来週末の秘密基地入りが楽しみです。


■トリトマの黄色からオレンジに変わるグラデーションが美しいです。
トリトマ-01


トリトマ-02


トリトマ-03


トリトマ-04


トリトマ-05


トリトマ-06

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014