好奇心を誘う花・・・エリンジューム・プラナム

 セリ科のエリンジューム プラナム( Eryngium planum)別名を 松笠薊(マツカサアザミ)。
何とも奇妙な花を付けます。

 マツカサアザミと呼ばれるだけあって、一見しますとアザミにも思えます。
気安く、この植物に手を出そうとするなら、痛い目に遭います。

 細かなトゲがいっぱいあるのです。
不用意に素手で、触らないことです。

 5~6年前には苗もろくになく、仕方ないので、種から育てることにしたエリンジュームです。
秘密基地にはお似合いの植物で、耐寒性抜群、さらには乾燥にも耐えてくれる頼もしいヤツです。



■エリンジューム プラナム( Eryngium planum)
エリンジューム プラナム( Eryngium planum)-01


エリンジューム プラナム( Eryngium planum)-02


エリンジューム プラナム( Eryngium planum)-03


エリンジューム プラナム( Eryngium planum)-04


エリンジューム プラナム( Eryngium planum)-05


スポンサーサイト

マツバギクが豪華絢爛たる姿を見せます。

 秘密基地の進入路には芝桜も植栽していますが、もうその影すら見えません。
代わって、豪華絢爛たる姿を見せるのが『マツバギク』です。

 ハマミズナ科のマツバギク(松葉菊、学名: Lampranthus spectabilis)は、一見しますと多肉植物のような出で立ちで、耐寒性に難があるような感じもしますが、八ヶ岳南麓の秘密基地で充分に育ってくれます。

 花が菊に似ていると言うことで、松葉菊という名前が付いたとか。


 今、細弁の花弁に陽が当たり、輝くように見え、一層の豪華絢爛たる姿を見せています。


■マツバギクの開花
マツバギクの開花-01


マツバギクの開花-02


マツバギクの開花-03


どこか気品に満ちているトリアシショウマ。

 ユキノシタ科のトリアシショウマ(鳥足升麻、学名:Astilbe odontophylla )が開花しだしてきました。
このトリアシショウマは昨年、秘密基地で見付けたもので、自然発生のものです。

 見付けた時は嬉しかったです。
アスチルベの仲間は、質素な小花をたくさん付け、それが穂状に連なるおもしろい花。大好きです。

 アスチルベは水分を要求し、秘密基地のようなカラカラの土地では上手く育つことが出来ませんが、そこに自然発生で出てきたヤツ。当然、愛おしくもなります。

 今朝はたくさんのお湿りを与えてあげました。


■トリアシショウマの開花・・・
トリアシショウマの開花-01


トリアシショウマの開花-02


トリアシショウマの開花-03


トリアシショウマの開花-04



ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014