秘密基地も暑いです。デッキへのサンシェード。

 今年の暑さは、何処に行っても相当なものがあります。
秘密基地は横浜と比べますと、だいたい3℃~4℃ほど違います。

 朝夕はとても爽やかな風も吹く八ヶ岳南麓なのですが・・・・。

 日中、30℃ほどの気温となることも多々あります。
今年はデッキで暖められた空気が、部屋に入ってこないようにとサンシェードを取り付けることにしました。

 窓からの眺望がなくなるのは、イマイチですので、3m✕2mのものにしました。
デッキへの窓の開口部が3m。
ひさし代わりのものが2mと言う訳で、多少は外の景色も眺めることが出来ます。


 効果は・・・・・
こんな、たわいのない対処なのですが、効果覿面(こうかてきめん)ですね。  
とても爽やかな風が入ってくるのがわかります。

 作戦、大成功です。


■デッキへのサンシェードの取り付け・・・3m✕2mのもの。
デッキへのサンシェード-01


デッキへのサンシェード-02

■デッキからの眺望も良い感じです。借景が南アルプスの鳳凰三山です。
デッキへのサンシェード-03



    
スポンサーサイト

フジバカマのようなヒヨドリバナ。

 キク科のヒヨドリバナ(鵯花、学名:Eupatorium makinoi )が開花してきました。

 余り、鑑賞価値のあるような花ではありませんが、フジバカマのような小花がいっぱいのmのです。
フジバカマのように人気のある草花ではありません。

 私にとって、フジバカマの代わりにヒヨドリバナを植えたくなるような草花ですが・・・どうでしょうか?



■秘密基地自生のヒヨドリバナ
ヒヨドリバナ-01


ヒヨドリバナ-02


ヒヨドリバナ-03


ヒヨドリバナ-04



アピオスの不思議な花。

 一時話題に上がり、物珍しさで、秘密基地にも植えてみました。
ほど芋という親指くらいの、小さなものですが、芋が収穫でき、冬の薪ストーブでホクホクになったものを頂いていました。

 娘たちにも人気があり、作りがいがありましたが、いつのまにか、見向きもしなくなり、庭には植えっぱなしのアピオスが残りました。
この時期になりますと、不思議な花が開花し、思い出すといった存在です。


 マメ科のアピオス (ほど芋,学名:Apios amerikana Medikus)は北アメリカ原産の植物です。
栄養価が極めて高いことから、ネイティブ・アメリカンの強精食とされてきました。最近注目が集まり、いろいろな直売所でも見るようになりました。

 小さな花がいくつのも集まり、一つの集合体を作っています。
その様が不思議な格好で、好奇心を誘うものです。



■アピオス (ほど芋,学名:Apios amerikana Medikus)
アピオス -01

アピオス -02


アピオス -03


アピオス -04


アピオス -05

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014