感心するほど、良く開花してくれます。ナミキソウ。

 横浜の家では大きな鉢植えにして『ナミキソウ』を育てています。
シソ科のナミキソウ(Scutellaria strigillosa)は、こぼれ種でも良く増え、安心していられます。

 鉢植えでも花期は長く、5月下旬頃から開花しだし、9月まで、爽やかなブルーの彩りを見ることができます。

 この暑い最中、水遣りだけは毎日欠かさず、たっぷり上げます。
夕刻遅くには、暑さで元気もなかった葉もしゃきっとなり、ブルーの彩りも美しく見えます。



■ナミキソウ
ナミキソウ-01


ナミキソウ-02


ナミキソウ-03


ナミキソウ-04

スポンサーサイト

思いついたように開花してくれます。Den.secundum var.alba

 東南アジアの原種ラン デンドロビュームの白花です。
Den.secundum var.alba デンドロビューム セクンダム アルバ

 タイ北部の、灌木地帯でのラン採集の際、道端の物売りの方がDen.secundum var.alba の株を裸根で持っていました。
それが欲しいと、交渉し、横浜に持って帰りました。

 このランは本当に気まぐれで・・・多分私の栽培方法(環境)が、上手く馴染まないのか、定期的な開花をしてくれません。


     今朝、気が付きますと、開花しはじめています。

 通常はピンクの小花をびっしりと付けるDen.secundum その白花(Alba)で、大変貴重なものです。
清楚な花容で、オレンジのリップがワンポイントとして美しさに華を添えているようです。


■Den.secundum var.alba デンドロビューム セクンダム アルバ
Den.secundum var.alba -01


Den.secundum var.alba -02


Den.secundum var.alba -03










鹿ノ子百合の気品ある佇まい。

 散歩道近くに、大汗を流しながら頑張っている家庭菜園があります。
その一角に、鹿ノ子百合が可愛く咲き誇っていました。

 百合の気品ある佇まいが好きで、ササユリ・ヒメサユリ・カサブランカ(コンカドール)・・・もちろんヤマユリなど、育てているものの、この鹿ノ子百合はまだ手にしていませんでした。

 鹿の子模様にピンクを彩るその姿が、色白の少女のような可愛さがあり、そっと見守ってあげたくなるような姿が好きです。



■鹿ノ子百合
鹿ノ子百合-01


鹿ノ子百合-02


鹿ノ子百合-03

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014