fc2ブログ

ユリノキの花を接写。

 5月21日、脚立に乗ってユリノキの花の写真を撮りました。
それでも花の内部の画像が撮れなく、何とかして撮りたかったのです。

 今日、ふとユリノキを見てみますと、ハシゴのかけやすいところにユリノキの花が開花しています。
再度チャレンジとばかり、ハシゴに登り、ユリノキの花を撮ってみました。

 チューリップツリーと呼ばれるように、本当にチューリップのような格好をしていますが、花の中央部はそうでもないですね。
好奇心フツフツの私。
         端から見れば、何やっているの?って・・・・、言われそうですね。



■撮りましたよ。ユリノキの花、接写です。
撮りましたよ。ユリノキの花、接写です。


撮りましたよ。ユリノキの花、接写です。


撮りましたよ。ユリノキの花、接写です。

■いつもはこんな風にしか見えませんよね。
ユリノキの花。



ツリバナが可愛くぶら下がっています。

 野鳥からのプレゼントの『ツリバナ』。
大きく生長し、可愛い花をぶら下げるようになりました。

 気が付いたらツリバナの木があったという感じでした。
今は・・・2m位になりました。

 少しは、コロンとした可愛い果実が楽しめそうです。



■可愛い花をぶら下げるツリバナ
可愛い花をぶら下げるツリバナ


可愛い花をぶら下げるツリバナ


可愛い花をぶら下げるツリバナ


可愛い花をぶら下げるツリバナ


日本の野バラも捨てたものではないですね。

 秘密基地で栽培しています『日本の野バラ』は、トゲなしのものです。
法面脇に植え込み、好き放題にしています。

 今年の開花は思いの外、たくさんの花を付け、もう一つの楽しみ・・・ローズヒップの美しさも楽しませてもらえそうです。
そうそう、野バラは香りも素敵で、法面に近づきますと、爽やかな素敵な香りに包まれるのがわかります。

 こんな日本の野バラですが、大事に育てています。



■日本の野バラ
日本の野バラ


日本の野バラ


日本の野バラ


日本の野バラ


日本の野バラ


クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。

 キョウチクトウ科 学名: Cynanchum katoi Ohwi のクサナギオゴケは白花と普通種の小豆色があります。

 栽培当初、園芸業者の品種違いで白花の栽培となりました。
その後、普通種の入手が出来、今は秘密基地の庭では白花と小豆色の2種の栽培をしています。

 やはり、小豆色したものの方が存在感が強く、その星形の花の形が生きてきます。



■クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。・・・・環境省絶滅危惧Ⅱ類登録植物
クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。


クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。


クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。


クサナギオゴケは普通種の小豆色が良い。



大柄なヤグルマソウ・・・地味な花過ぎ。

 大柄なヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)花穂を立ち上げ、花を見せてきました。
他を圧倒する大柄な葉は、矢車のようです。

 花は地味すぎて、鑑賞価値は?と・・・・・。
小さな花の集合体で花を作るヤグルマソウ、花より葉っぱです。



■ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)
ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)


ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)


ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)


ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)

■しべをピンと跳ね上げた花の形が好き。
ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)


ヤグルマソウ(ユキノシタ科 Rodgersia podophylla)


 こちらは銅葉のヤグルマソウです。
Rodgersia podophylla 'Bronze Beauty' ロジャーシア ブロンズビューティ
まだ、まだ小さなものですが、これからが楽しみな銅葉のヤグルマソウ・・・です。
ロジャーシア ブロンズビューティ


コアジサイのファンタジックな世界。

 コアジサイの開花が進んでいます。
なにげに一見しますと、鑑賞価値もなさそうな花。

 しかし、その小さな花の世界をじっと覗きますと、不思議な世界へと旅立てます。
ブルーの縁取りも素敵。

 たまにはこんな世界をじっと見つめるのも良いかも・・・・・・。


■コアジサイのファンタジックな世界。
コアジサイのファンタジックな世界。


コアジサイのファンタジックな世界。


コアジサイのファンタジックな世界。

■等眼で盛れば、こんな花。小さな花の集合体なんですよね。
コアジサイのファンタジックな世界。


コアジサイのファンタジックな世界。


コアジサイのファンタジックな世界。



クモイコザクラソウに出会いました。

 赤岳の南面を深くえぐるようにして地獄谷があります。
その谷の奥、小石・大石混じりの岸壁の水がしみ出すような所に『クモイコザクラソウ』は生育しています。

 毎年、6月の前後1週間ほどを狙っての遡行ですが、年々、早い開花があります。
今年の異常なまでの暑さで、色の抜けたものの多い事にびっくりします。

 しかし、可愛いクモイコザクラソウに出会います、一瞬で笑顔になれます。

 今回は、クモイコザクラソウの大株にも出会い、本当に嬉しかったです。



■クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。
クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。


クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。


クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。

■見事なまでの大株に出会いました。
クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。

■優しいピンクと黄色のコラボは癒やしの彩りです・・・ね。
クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。


クモイコザクラソウの出会いは嬉しさ百倍。




ヤツガタケキスミレに間違われるキバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)

 クモイコザクラソウに会いに行きました。
赤岳の南面を深くえぐるようにして地獄谷があります。

 この地獄谷というのも不思議なネーミング。
火山の噴煙が上るような所にはそのような名前もありますが、ここ八ヶ岳では・・・・?

 赤岳南面では岩盤のような岩ではなく、あたかも火砕流が起こったかのような石ころだらけの渓谷の壁が見えます。
ひとたび大雨が降れば、谷が荒れ狂い、とてつもない様相になると言うことから『地獄谷』と付けられたと言います。

そんな谷を遡っていきますと、一瞬、スミレ・・・・ヤツガタケキスミレのようなヤツが現れます。
それが・・・『キバナノコマノツメ(Viola biflora L.)』・・・まあ、Violaと言う学名を持っていますので、スミレには間違いないのです。

 ヤツガタケキスミレは高山の砂礫質の所に生育していますので、区別は出来ます・・・ね。



■キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)
 意外に苦み走ったハンサムな顔つきです。
キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)


キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)


キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)


キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)


キバナノコマノツメ(黄花の駒の爪)


フランス菊も、もうお終いでしょうか?

 素敵な姿を見せていたフランス菊が、だらしない格好になってきています。
ピンと立ち上がった茎の上に素敵な白花を付けていましたが、大半のフランス菊が、ちょっとだらしなくなってきています。

 法面上に植え込んでいるフランス菊は、有終の美を飾ってくれるのか、素敵な姿を、まだ見せています。
週の中頃には、お終いとなるのでしょうね。



■フランス菊の有終の美
フランス菊の有終の美


フランス菊の有終の美


フランス菊の有終の美


フランス菊の有終の美


フランス菊の有終の美



西洋オダマキ・・・Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’

 西洋オダマキの品種の数には驚きます。
また、それらの造形の面白さにも驚かされます。

 Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)は黄色の素敵なものです。
造形と言い、黄色の素敵さと言い、秘密基地では大切に育てています。

 余り気を遣わなくても、大丈夫そうです。



■Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)
Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)


Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)


Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)


Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)


Aquilegia chrysantha ‘Denver Gold’(アキレギア クリサンタ ‘デンバー ゴールド’)


八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

 
Copyright © 八ヶ岳南麓-横浜・・・KITAHO World。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブログ記事の検索
過去記事の内容が確認出来ますよ。
八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World・訪問者数