fc2ブログ

ミニチュアバラ・安曇野という名に惹かれ・・・・。

 埼玉大・理学博士 小野寺透氏育種『安曇野』という可愛いピンクのバラ。
安曇野という何惹かれ、秘密基地近くの直売所で、小さな苗を購入し、栽培しています。

 とても大きくなり、花数も数え切れないほどたくさん開花するようになりました。

1989年、小野寺氏は彼の初めての育種種『のぞみ(1968年)』と言う品種を使い、ローラ・アシュレィとの交配を作ります。それが、『安曇野』。

  『のぞみ』と言うバラには氏の思いが込められたバラ・・・・
。。。『二度と戦争を起こしてはならない。』と、いう思いを込め、『のぞみ』と名づけたと言います。

 秘密基地では、大きく大きく育てています。



■安曇野というバラ
安曇野というバラ


安曇野というバラ


安曇野というバラ


安曇野というバラ



スポンサーサイト



シソ科タツナミソウ属の多年草のナミキソウ。

 シソ科タツナミソウ属の多年草のナミキソウ。
これもまた美しいブルー花を見せてくれます。

 横浜から持ち込み、乾燥地で栽培できるのか試行錯誤しましたが、その心配をよそに、こぼれ種でも増えるようになりました。
ほとんどが、タツナミソウのようなものです。

 放任栽培が出来そうですね。


■美しブルー花を見せます。ナミキソウ。
美しブルー花を見せます。ナミキソウ。


美しブルー花を見せます。ナミキソウ。


美しブルー花を見せます。ナミキソウ。


Catananche caerulea Cupid's Dart の美しいブルー花。

 キク科のCatananche caerulea Cupid's Dart 。
乾燥に強く、耐寒性も優れているようです。

 昨年まで、横浜では地裁倍していました。
ダメ元で、秘密基地に植え込んだのが秋口。乾燥と極寒にしっかりと耐え、株も相当大きくなりました。

 鉢栽培時よりも草丈が3倍近くも大きくなり、見事です。
まずは最初の一輪の開花です。

 そのブルーは爽やかさと共に、魅惑の彩りとなっています・・・ね。


■Catananche caerulea Cupid's Dart 地中海沿岸が原産 ルリニガナとも呼ばれます。
Catananche caerulea Cupid's Dart


Catananche caerulea Cupid's Dart


Catananche caerulea Cupid's Dart


八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

 
Copyright © 八ヶ岳南麓-横浜・・・KITAHO World。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブログ記事の検索
過去記事の内容が確認出来ますよ。
八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World・訪問者数