fc2ブログ

Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。

  キク科・ヨモギキク属のタンジー(Tansy)がボタンのような花をたくさん見せています。
ただ。。。残念なのは花が付き始めますと、1m以上もの茎が大概、倒れて無様な姿へとなることです。

 スクッと、立ち上がった茎の所に、黄色のボタンのような花を付けていたなら、素敵なんですけどね。 


 このタンジーは知り合いから頂いたもので、タンジーの香りは防虫効果があるということで期待していましたが・・・・。
実際の所、防虫効果の確認が出来ません。

 だらしない格好もいけません。

もう、この時期は、積極的に抜いて処理していますが、翌年には、また繁茂してくると言う、凄まじい生命力を見せます。



■Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。
Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。


Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。


Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。


Golden buttons と呼ばれるTansyが今、盛り。


スポンサーサイト



高原の豆・・・・花豆の花が華やか。

 高原の豆・・・・紫花豆として直売所でも手に入ります。
冬・・・・薪ストーブで甘い煮豆を作るのが家族からのリクエストです。

 いっぱい作り、横浜へのお土産となります。もう皆さん絶賛。
私も嬉しくなります。

 紫花豆は。。。。ベニバナインゲン( Phaseolus coccineus)はメキシコの高原原産のインゲンマメ属の多年草で江戸時代末期に導入されたようです。

 ここ八ヶ岳南麓でも栽培が盛んですが、私は野辺山産の花豆が大きく、しっかりとしているので、煮豆を作るのには野辺山産を使います。

 今の時期、野辺山を散策しますと、必ずやベニバナを見かけます。
それこそがベニバナインゲン・・・紫花豆です。



■ベニバナインゲン・・・紫花豆の花
ベニバナインゲン・・・紫花豆の花


ベニバナインゲン・・・紫花豆の花


ベニバナインゲン・・・紫花豆の花


ベニバナインゲン・・・紫花豆の花


小さなスイカ??? オキナワスズメウリ。

 3cmほどの果実。。。それもグリーンに白のスイカ模様をしています。
オキナワスズメウリの果実です。

 それが、秋になれば、綺麗な赤色に色づき、リースにぴったりになるのですから、栽培していて楽しいですね。

 ようやく小さなスイカのような果実が付きだしています。




■オキナワスズメウリの果実が付き出しました。
  このスイカ模様が可愛くて、良い感じ。
オキナワスズメウリの果実が付き出しました。

■オキナワスズメウリの花も可愛いです。。。ね。
オキナワスズメウリの花


オキナワスズメウリの花



華やかさを見せるキクイモ。

 秘密基地界隈も秋模様が少しずつ見られるようになってきています。
しかし、余り爽やかな感じもなく、曇天や小雨交じりの日が続いています。

 このような、さっぱりとしない中、キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)の黄色の花弁は華やかさを見せます。
何よりも、群落を形成しているような所では一気に華やかな気分となります。

 晴天時には、なおさらの事となるでしょうね。



■キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)
    黄色が華やかさを醸し出しています。
キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)


kikuimo-hujimi-08-29-2019-04.jpg


キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)


キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)


キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)


キク科 キクイモ(Helianthus tuberosus)


トウテイランのブルーが好き。

 ゴマノハグサ科の宿根草、トウテイラン(Veronica ornata)のブルーに惹かれ、増やしています。


 花の終わった晩秋、花穂の下を切り戻しし、横浜の温室に持って帰り、挿し木し、毎年数株ずつ増やしてきました。
今は、たくさんのトウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)が秘密基地に花を付けています。

 この透明感のあるブルーの彩りは嫌みのないブルーで、見ていても飽きさせないブルーです。
秋の晴天下でこのブルーを見たいのですが、明日は横浜に戻ります。


 ちょっと残念な気がしますが、仕方ないです・・・ね。
                   9月の半ばに、秘密基地に入るのが楽しみです。




■トウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)のブルーが素敵です。
トウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)のブルーが素敵です。


touteiran-08-30-2019-01-01.jpg

トウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)のブルーが素敵です。



トウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)のブルーが素敵です。


トウテイラン(洞庭藍 Veronica ornata)のブルーが素敵です。


新蕎麦の季節も、もうすぐ。

 八ヶ岳の西麓には蕎麦畑が広がります。
今、そこには満開を迎えている蕎麦畑。

 晴れていれば、八ヶ岳とのコラボが見えるはず。
今回は、畑の一部しか写真に収められず、ちょっと残念な感じもします。

 蕎麦畑の片隅に立ちますと、異様な香り・・・ニオイがします。
蕎麦の花の香りは、けして心地よいものではありません。

 しかし・・・遠目で花を見ますと、グリーンと白の絨毯とも思えてしまいます。美しいものです。


 八ヶ岳界隈では蕎麦処がたくさんあり、新蕎麦の食べ歩きも、楽しい一時ですね。
ウチの奥さんとは地図(食べ歩きマップ)を片手に、何軒も食べ歩きします。

 秋の楽しみももうすぐそこ。。。。



■八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑
八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑


八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑


八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑

■蕎麦の小さな花はとても美しいのですが・・・その香りは頂けません。
八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑


八ヶ岳西麓に広がる蕎麦畑


雑草扱いされがちですが・・・・ミズヒキ。

 雑草扱いされがちなミズヒキ。
意外な美しさを魅せ、私は好きです・・・ね。

 5mmにも満たない小さな花ですが、その連なる様も彩りと共に素敵です。



■タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)
タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)


タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)


タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)


タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)


タデ科 ミズヒキ(Persicaria filiformis)

彩りの美しいホトトギス・タイペイシルク。

 タイペイシルクは、逆輸入されたホトトギス。
イギリス・ブルームス社で育成されたもので、ブルーの彩りが美しいものです。

 このホトトギスはこぼれ種で増えるものと思っていましたが、期待外れです。
植えた場所が乾燥が激しいところなのか、こぼれ種が生育してきません。

 何とか増やしたいものですが、ちょっと作戦を立てなければいけないようです。




■ブルーの彩りが美しいタイペイシルク Tricyrtis hirta 'Taipei Silk'
彩りの美しいホトトギス・タイペイシルク。


彩りの美しいホトトギス・タイペイシルク。


彩りの美しいホトトギス・タイペイシルク。


カラフトミセバヤに奇跡的な花。

 横浜の家の近く、親しくさせて頂いている園芸業者さん、さじを投げたミセバヤを数鉢頂き、チャレンジ的に養生させてきました。

 すこし、新芽が伸び出してきましたので、秘密基地の庭に植え込み、様子を見ています。

 すると。。。。本当に小さな株ですが花が上がってきたのです。
植物には死に花というのがあり、枯れる寸前、花を付け何とか種を残す事をすると言います。

 カラフトミセバヤにそんなことが起こりました。

 死に花でないことを祈るばかりです・・・ね。



■カラフトミセバヤに奇跡的な花。
カラフトミセバヤに奇跡的な花。


カラフトミセバヤに奇跡的な花。


カラフトミセバヤに奇跡的な花。



 【参 考】

いろいろなミセバヤの区別 。。。。。

葉の丸いカラフトミセバヤ。
葉に鋸歯のあるものをヒダカミセバヤといい、その中でも葉の先がとがっているものをアポイミセバヤと呼ぶそうですが・・・・。








ヒトデのようなガガイモの花。

 ガガイモの果実は大きな鞘にいっぱいの毛の付いた種が入っています。
娘のチビちゃんは、それに息を吹きかけ、タンポポの綿毛のような感覚で飛ばすのが好きです。

 毎年、秘密基地のお土産の一つとして、楽しみにしているものです。


 今はそのガガイモに花が付き、その花の面白さは格別なものとなっています。
あたかも。。。。ヒトデのような格好ですから・・・ね。

 毛むくじゃらで、余りにも気持ち悪い格好。
しかし、何だろうと、好奇心が芽生えてきます。



■ガガイモのヒトデのような花
ガガイモのヒトデのような花


ガガイモのヒトデのような花


ガガイモのヒトデのような花


ガガイモのヒトデのような花


八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

 
Copyright © 八ヶ岳南麓-横浜・・・KITAHO World。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブログ記事の検索
過去記事の内容が確認出来ますよ。
八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World・訪問者数