fc2ブログ

挿し木苗の葉に水滴・・・。

 Rosa.chiensis Mutabilis の挿し木苗を作っています。

 今朝、温室内で、原種ランと共にシリンジ(霧吹きやジョウロで、葉や植物全体に水を掛けること。)をしていますと。。。。

 Rosa.chiensis Mutabilis の若葉にいっぱいの小さな水滴が出来ました。
その水滴に朝陽が当たり、美しい姿を見せています。

 水滴好きな私にとって、もう大好きな瞬間です。




■挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。
挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。


挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。


挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。


挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。


挿し木苗の葉に水滴・・・美しい姿です。



スポンサーサイト



霜の降りる寒い朝を迎えました。

 今朝は・・・横浜でも霜の降りる寒い朝を迎えました。
ここ数日の間に、彼方此方から降雪のニュースなどが飛び込んできました・・・ね。

 本格的な冬の到来が始まりました。
八ヶ岳の友人宅でも、昨日の早朝には-4.4℃をカウントしたそうです。

 霜の降りる気象条件として、前日午後7時の気温が6℃以下で、早朝の気温が4℃以下と言います。
今朝の横浜の気温が3℃。

 霜が降りるはずです。
チーゼル フロナム の苗作りをしている鉢に霜を見つけ、ワクワクの早朝でした。



■霜の降りる寒い朝を迎えました。チーゼルの降りた霜。
チーゼルの降りた霜。


チーゼルの降りた霜。


チーゼルの降りた霜。

天気の崩れる前兆・・・・美しい巻雲が空に・・・。

 横浜の戻り、初めての散歩。
空を見上げますと・・・美しい巻雲が出ています。

 あぁ~、天気が崩れるのかなぁ・・と、独り言。
巻雲(学名:シーラス(Cirrus))の出現は、低気圧が近づいてくるときに現れる雲です・・・ね。




■天気の崩れる前兆・・・・美しい巻雲が空に・・・。Galaxy S10で。
天気の崩れる前兆・・・・美しい巻雲が空に・・・。


天気の崩れる前兆・・・・美しい巻雲が空に・・・。


天気の崩れる前兆・・・・美しい巻雲が空に・・・。
 

■天気図・・・・
天気図・・・・

 九州の西側にある低気圧が関東に近づきます。
 その結果、天気が崩れると言うことですね。

        巻雲は天気の崩れる前兆です。






爽やかな香りが庭に漂います。・・・柊(ひいらぎ)の花です。

 横浜に戻りました。
まさに・・・野暮用がいっぱいです。

 朝、庭に目をやりますと、庭の片隅から、爽やかな香りがします。
モクセイ科モクセイ属の柊(ひいらぎ) 学名: Osmanthus heterophyllus)です。

 葉には鋭いトゲを持ち、近寄るなとでも言いたげなヤツ。
ちょっと危険なヤツですので、庭の片隅に植え込んでいます。

小さな白い花ですが、捨てがたい魅力を持ち、しべのピンと立ち上がる姿やその爽やかな香り、私のお気に入りです。




■爽やかな香りが庭に漂います。・・・柊(ひいらぎ)の花です。
爽やかな香りが庭に漂います。・・・柊(ひいらぎ)の花です。


爽やかな香りが庭に漂います。・・・柊(ひいらぎ)の花です。


爽やかな香りが庭に漂います。・・・柊(ひいらぎ)の花です。


冬枯れの中、ヤツデが美しく。

 秘密基地界隈はすっかり冬枯れ。
ちらほらとサザンカなどの花も見ることが出来ますが、花弁もいじけ気味のものばかり。

 そんな冬枯れの中、ウコギ科ヤツデ属の常緑低木、ヤツデ(学名: Fatsia japonica)の花がやけに美しく感じられます。

日本が原産地のヤツデは日陰でも育ち、ナンテンと同じく人気のある植物ですね。



■冬枯れの中、ヤツデが美しく。
冬枯れの中、ヤツデが美しく。


冬枯れの中、ヤツデが美しく。


冬枯れの中、ヤツデが美しく。



センニンソウの綿毛が素敵。

 キンポウゲ科センニンソウ属のセンニンソウ(学名: Clematis terniflora)。
学名から解るように・・・クレマチスの原種なのですよね。

 秘密基地の庭に、突然現れてきました。
上手い具合に、デッキの前のVIP席です。

 どこからともなく綿毛がフワフワと種を持って来てくれましたね。
今年の生長は凄まじいものがあり、大事にしているバラたちに覆い被さってきました。

 来年の状態に、ちょっと考え込む・・・思案中・・・・です。



■センニンソウの綿毛は仙人の髭のようにも思えてきます。
  しかし、どちらかと言えばフェザー(鳥の羽)ですよね。
センニンソウの綿毛は仙人の髭のようにも思えてきます。


センニンソウの綿毛は仙人の髭のようにも思えてきます。



センニンソウの綿毛は仙人の髭のようにも思えてきます。



センニンソウの綿毛は仙人の髭のようにも思えてきます。




 

センダンの実がグリーンからベージュへ。

 秘密基地近くの丘に一本のセンダン(学名:Melia azedarach)の木があります。
寒風の吹きさらしの場所ですが、耐え、しっかりと生きています。

 もちろん、センダンの実はたわわに付け、その頑張りを垣間見ることが出来ます・・ね。
今、グリーンの実がベージュ色に変身です。

 この時期のグリーンとベージュのコントラストが好きなんです。



■センダンの実がグリーンからベージュへ。
センダンの実がグリーンからベージュへ。


センダンの実がグリーンからベージュへ。

■下部にあたるところの実は、まだまだグリーン。
センダンの実がグリーンからベージュへ。


センダンの実がグリーンからベージュへ。



秘密基地界隈の紅葉も終盤のようです。

秘密基地近く、大きな楓(モミジ)の木があります。
秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですが、この楓は別格の美しさを魅せています。

 黄色から赤へのグラデーションも見せ、艶やかな雰囲気が漂います。



■秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。
秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。


秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。


秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。


秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。


秘密基地界隈の紅葉も終盤のようですがここは別格。



続きを読む

色鮮やかなナンテンの実。

 秘密基地近くの民家、必ずといって、庭にはナンテンが植栽されています。
今、立派な実をたわわに付け、最近の寒さに当たり、ぐっと色濃くなりました。

 メギ科ナンテン属のナンテン(学名:Nandina domestica)は縁起植物として人気のある植物です。
難を転ずると言うことで、庭に植栽されているのでしょう・・・ね。



■色鮮やかなナンテンの実。
色鮮やかなナンテンの実。


色鮮やかなナンテンの実。


色鮮やかなナンテンの実。



寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。

 寒くなってきましたね。

 寒い夜は・・・薪ストーブの炎を見ているだけで、心が穏やかになります。
そんな時には冷えたビールを片手に、暖かな炎の夜半・・・素敵な夜を迎えています。



■寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。
寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。


寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。


寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。


寒い夜は・・・やっぱり、薪ストーブの炎。


八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

 
Copyright © 八ヶ岳南麓-横浜・・・KITAHO World。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2021/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブログ記事の検索
過去記事の内容が確認出来ますよ。
八ヶ岳南麓-横浜・・KITAHO World・訪問者数