チャレンジPotato・・・グランドペチカ。



 ちょっと気の早い感じもしますが、今年のジャガイモ栽培の種芋を用意しました。

 いえいえ、もう近くのホームセンターではたくさんの種芋が出回っていますね。
良いものは早々と姿を消してしまいますので、早めに手配した方が良いようです。

 で、私も秘密基地でのジャガイモ栽培用の種芋を昨年12月に手に入れておきました。(3kg)
年が明け、とあるMailに『お持ちのポイントの消滅が、2月2日です。』と、お知らせがありました。

 別にネットでも買い物する気もなかったのですが、せっかくのポイントがもったいないので、ジャガイモの種芋を追加購入することしました。
      送料まで含め、種芋2kg、ポイントで購入できました。


 結果、グランドペチカという面白いジャガイモの種芋が5kgとなりました。

■グランドペチカの種芋
     とても良い種芋が送られてきましたよ。
グランドペチカの種芋-01

■グランドペチカと言えば、別名:デストロイヤーという覆面レスラーがあります。
      まさしく覆面レスラーですね。
グランドペチカの種芋-02


グランドペチカの種芋-03


 グランドペチカは・・・民間ジャガイモ育種家の、長崎雲仙 俵正彦氏で、紅メークイーンとも呼ばれるメークイーン系品種の『レッド ムーン』の変異株を選別し、1996年、特性が安定していることを確認したものです。

 その姿から、まさしく覆面レスラーと言われる面白い品種です。
品種の特徴として、姿恰好だけでなく、耐病性にも優れ、無農薬栽培にもOK・・・これは秘密基地伝栽培に願ったり叶ったり野品種です。

 さらに、痩せ地での栽培も出来、貯蔵性もあるというのですが、素人栽培にはうってつけのものなのです。
そして、私を感動させたものが『自己防衛能力』なのです。

 その自己防衛能力は・・・・発芽後5,6枚葉の成長より開花期まで『夜間に葉を下向きにひっくり返す』と言う生育をなすこと。
 翌日には葉の姿恰好が元に戻るという面白い生育習性。

  葉裏につく病害虫を夜露にさらし、洗い流そうとするのです。
、干ばつ時には自ら水分を補給しようとするというのですから、不思議な行為をします。
           まさに不思議な営みをしているジャガイモなのです。

 これだけでも好奇心をくすぐる、面白い話の種になるものです。

      今年のジャガイモ栽培は、グランドペチカと男爵の予定です。楽しみになって来ました。







 
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014