雄大な姿のアカンサス。

他の植物を圧倒するような『アカンサス モリス(Acanthus mollis)』が、近くの畑の片隅に、君臨するかのように、生育しています。

 西日も当たらず、午前の柔らかな日差しを充分に浴びるその場所がお気に入りらしく、雄大な姿を見せています。

 人の背丈ほどもある花穂を立ち上げ、切れ込みのある、アザミのような葉は好きなだけ広げているようにも見えます。

 じつは・・・秘密基地にも二株ほど植え込んでいますが、植え込む場所を失敗したようにも思えます。
こんなアカンサスを見てしまいますと・・・・。

 植え替えは、ちょっと気が進みませんので、周りの植物を刈り取ったり、移植したいと思ってしまいます。

この雄大さは魅力ですよね。



■アカンサス モリス(Acanthus mollis)
    花は至って地味なのですが、その姿の雄大さと、花穂の大きさが話の種になりそうです。
    ちなみに・・・地中海沿岸には仲間がたくさんあるそうです。
アカンサス モリス(Acanthus mollis)


アカンサス モリス(Acanthus mollis)-01


アカンサス モリス(Acanthus mollis)-02


アカンサス モリス(Acanthus mollis)-03


アカンサス モリス(Acanthus mollis)-04

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アカンサスの魅力

【山栗】さん

アカンサスに気が付いたようですね。

何年か前から、アザミに興味を持っていたこと覚えていらっしゃいますか?
アーティチョークなど雄大な、あざみの仲間などにも興味を持ちました。

そのついでに、アザミのような『アカンサス』も植え込んでいました。
耐寒性は抜群、ただ保水性の土が・・・湿度保持の出来るところが好みのようです。
      秘密基地は厳しかったのでしょうね。成長は遅れました。

>ビロード・モウズイカとかクラリーセージと同じようなものでしょうか。


そうですね。
大柄になる点では同じと思いますが、これらは乾燥にめっぽう強いですよね。
アカンサスは秘密基地で、少しずつ成長していますので、環境に慣れてきますと同じように育てられると思います。

小さい株の時には水をいっぱいあげる必要がありそうです。

今、秘密基地では厳しい環境を生き抜き、40~50cmの株張りに成長しています。
(5年目)

 3年ぐらい前から花は見られるようになりました。
もう少しケアーできれば、もっともっと大きくなると思います。
頑張りますよ。

山栗さんもチャレンジすると面白いと思いますよ。
アダージョの森ではきっと、すごい株となることでしょうね。

アカンサスモリスの引力

今日は!

私も最近このアカンサスモリスに気が付きました。近所のお宅で植えられていました。鉢植えなのでそんなに大きくはなってなかったのですが、地植えでは相当の大きさになるとか。

ビロード・モウズイカとかクラリーセージと同じようなものでしょうか。

私も一度挑戦しようかなと思っています。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014