Pinarello Prince のサドルを交換。

 Pinarello Prince にはFizik Arione R7(フィジークのアリオネR7)というサドルが付いています。
格好いいものですが、私にとって実用性がありません。

 ロード自転車おきまりの、お尻の痛い現象が起こっています。
お尻の形は十人十色、万人向けのサドルは、確かに、あの小ささでは無理と思います。

 そこで、イタリアの職人集団を集めての会社・・・2013年設立のASTUTEに目が止まりました。
小さなサドルを工夫して、コンフォート性能の高い、美しくて高品質なサドルを製作しています。

 アスチュート SKYLITE VT 、このサドルの構造はとてもユニークで、特許となっている『ダブル・ベース構造』を採用し、薄く軽量なベースを2つ重ねる事で軽量性と高い強度を実現しています。

 ・・・このダブルベース構造は『SPAS(Shock Pad Absorber System)』と名付けられた赤いパッドが挿入されています。


 フィジークのアリオネR7からサドルを交換して・・・アスチュート SKYLITE VT になってから、格段の変化はないものの、30kmぐらいから苦痛に感じていたお尻の痛さは軽減し、普通のサドルとは違って、高価なものですが、替えて良かったと思えます。

 まだまだ100km程度の走行ですが、このサドルは末永く使えそうです。



■アスチュート SKYLITE VT
アスチュート SKYLITE VT

■カーボンレールが目に付きます。
 このレールもちゃんと仕事しているんですよね。座面へのショックを和らげていますよ。
 最初乗った時には、平たく堅めに感じたのですが、クッション性能が良いです。
『SPAS(Shock Pad Absorber System)』と名付けられた赤いパッドが挿入されていることがその効果を生み出しているのでしょう。
アスチュート SKYLITE VT

■洋酒のような素敵な箱に入れられています。アスチュート SKYLITE VT
アスチュート SKYLITE VT


■フィジークのアリオネR7
 もともとPinarello Prince に付いていたもの。
 走行距離20km辺りからお尻や局所周辺が苦痛になります。40kmぐらいからはもういけません・・・ね。
 形状は格好いいのですが・・・。
フィジークのアリオネR7




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014