荻の穂が美しく輝いていました。

 荻はよくススキと混同されがちですが、ススキの株立ちと違って、地下茎で砂地に繁茂しますので、慣れますとわかります。

 鶴見川の土手には市民グループの皆さんが丹精込めて、荻の野原を作り上げて、管理しています。
小さなエリアですが、素晴らしい荻の野原となっています。

 晩秋の陽光は優しい柔らかさが、荻の穂に当たり、逆光線で見る穂は銀色に輝いて見えます。
このことが好きで、ウチの奥さんと土手の散歩には必ず見に行くことにしています。



■銀色に輝く荻の穂
荻の穂-01


荻の穂-02


荻の穂-03


荻の穂-04

■荻の周りの草刈など、市民グループの方たちの、汗の結晶となって、美しい荻の野原が見られます。
荻の穂-05


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鶴見川は結構ワクワクします。

【多摩NTの住人】さん

こんにちは。

>鶴見川の河川敷には多くの植物が見られますね。

そうですね。
市民グループの方たちのお陰かもしれません。
市民グループの方たちのご尽力には頭が下がります。

川の清掃活動から草刈など、あの暑い夏でも、頑張って、環境保全をされています。

土手の部分には四季折々の野草が姿を現し、ワクワクしますね。
特に、春のニリンソウの群落やセンニンソウ・キツネノカミソリ・彼岸花・そして荻の穂と、ワクワクさせられます。


私も少しは・・・と、草刈のお手伝いも。80mくらいですけどねぇ。

こんにちは

鶴見川の河川敷には多くの植物が見られますね。我が家から直線距離で2キロ南に鶴見川の源流の泉があり、以前、そこから、下流まで約43キロを走ったことがありました。もちろん3回に分けてですが。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014