パンパスグラスの葉の切り詰め。

 先日、パンパスグラスの花穂について、Blog に載せました。

 今回は、その時予告していたとおり、パンパスグラスの葉の切り詰めの作業を行いました。
気を付けなければいけないことは、パンパスグラスの葉は鋸の歯のように、結構鋭いものがあります。

 多少オーバーな表現かもしれませんが、素手で葉の切り詰めなどを行いますと、知らないうちに手から血が出ていることがあります。結構痛いです。

 園芸用の革の手袋があると、確実に手を保護してくれるでしょう・・・ね。

 剪定鋏で、一生懸命にカットしました。すっきりとしました・・・・・・が。
しかし、ヨレヨレの花穂でも、ちょっともったいない感じがしましたので、何本か残しました。(*^_^*)

 たった数本の花穂ですが、良い感じでした。

                来春の若葉が楽しみです。


■パンパスグラスの葉を切り詰めました。
パンパスグラスの葉を切り詰め-01


パンパスグラスの葉を切り詰め-02

■葉を切り詰めますと、ちょっと寂しくなりそうでしたので、数本の花穂を残しました。
 結構、様になっていますよ・・・・ね。
パンパスグラスの葉を切り詰め-03


パンパスグラスの葉を切り詰め-04


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

お気遣いありがとうございます。

【多摩NTの住人】さん

こんにちは。
パンパスグラスは、神代植物公園で雄大な姿を見てからの憧れでした。
横浜の庭ではとても大きくなりますので、秘密基地でゆったりと育てることとし、チャレンジしています。

 園芸用の革手袋をして、完全武装で望みましたよ。
悪戦苦闘の末、なんとか完了しました。

画像で見ますと、余り大きな株に見えませんが、花穂もたくさん出るようになり、立派なものとなって来ています。

来春は、もう一回り大きくなるようです。
神代植物公園のようには出来ませんが、出来るだけ大きくシンボルプラントとなるように、頑張ります。

こんにちは

パンパスグラスの剪定はお疲れ様でした。なかなか存在感のある植物ですね。
確かに素手で触ると、知らない間に切れていることがありますね。大丈夫でしたか?

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014