畑の土作りを楽しみます。

 秘密基地の横に広がる雑木林がとうとう造成されてしまいました。
うっそうとした桧やトチノキが中心だったため、不動産屋さんが勝ちなしと踏み、すべて伐採してしまいました。

 抜根をすると、廃棄するのにお金がかかるからといって、野焼きにかかりました。
その量たるや凄まじい量です。
その廃棄の灰や炭を処分するのにもお金がかかるということで、私の畑に使わないかと来ました。

 焼き畑農業の例にもあるように、効果にはきたいできます。

 そこで1t(トラック一杯分)頂くこととなりました。
1tといえど、大変な量です。(不動産屋さんを許せるのは、これらの廃棄物を造成した土地の中に埋めないことですね。)

 頑張って、畑にまきます。
灰や炭は肥料の三要素・・・N(窒素)・P(リン)・K(カリウム)の中の、Kが相当量含んでいる良質の肥料となります。
植物の根を育てる肥料として活用できそうです。

 来年の春に向かって、堆肥などの有機肥料と共に、米ぬかの発酵肥料作りも楽しもうと思っています。

■頂いた雑木の灰と炭の混じった土
頂いた雑木の灰と炭の混じった土-1


頂いた雑木の灰と炭の混じった土-2
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

土運びは大変な労働ですねぇ。

山栗 さん

おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

焼却処分した雑木の灰や炭、1kg10円ほどかかりますので、1tで1万円、業者も節約できたのではないでしょうか。

 この焼却したものも産業廃棄物として扱われるソウです。
私にとってはとっても綺麗な肥料なんですが・・・・。

上の畑、下の畑と土運び、相当なトレーニングになります。

現在、全身筋肉痛、かなり体力がイマイチと思い知らされていますよ。(笑)

焼畑

おおっ!
雑木林を伐採し、野焼きしましたか。
そう、確かに焼畑農業ですね。これだけの草木灰はさぞかしいい肥料になるでしょうね。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014