怪しい植物・・・ヤセウツボ。

 ヤセウツボというもの、初めて出会いました。

 アカツメグサの株元から、ツクシが顔を出したような格好で、伸びたかと思うと、あごを突き出したかのような、奇妙な花をいっぱいに付けています。

 ヤセウツボはハマウツボ科ハマウツボ属の1年草で、ヨーロッパから北 アフリカにかけての原産(主に、地中海沿岸原産)の寄生植物です。
 ウツボというのは蛇のことではなく。革で出来た筒状のもので、背中に背負うものとのこと。

 1937年に千葉県で初めて、発見されました。
マメ科、キク科、セリ科などの植物の根から寄生根で養分を吸収し、春から初夏に地上に出現する怪しそうな植物です。

 また、ヤセウツボは葉緑素をまったくもたない寄生植物です。ますます怪しい植物で、いまは帰化植物として大手を振るっています。



■ヤセウツボ
ヤセウツボ-01


ヤセウツボ-02


ヤセウツボ-03


ヤセウツボ-04


ヤセウツボ-05




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

温かな目では見られません・・・ね。

【多摩NTの住人】さん

こんばんは。
帰化植物というのは、怖い存在ですね。
単なる一粒の種とか、誰かが持ち込んだ一株のものから、恐ろしいほどの伸長力で、在来種にうって変わり、主導権を握るのですから・・・・。

西洋タンポポの凄さも、恐怖に感じます。
この『ヤセウツボ』、見るからにエイリアン。
たくさんの小さな花も、温かな目では見られませんね。

先日は、いっぱい引き抜いてあげました。(*^_^*)

こんにちは

この時期はヤセウツボがあちこちで見られますね。以前、根を掘ってシロツメグサにしっかり繋がっているのを確認したことがありました。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014