アオハダの雌花と雄花。

 モチノキ科のアオハダ(青膚、青肌 Ilex macropoda)は、秋には小さな赤い実をたくさん付け、それは見事なものです。
しかし、実を付けるアオハダは雑木林の中であまりありません。(雌雄異株)

 ほとんどが雄花を付けるものばかり。
確率的に雌花を付ける雌株を見付けるのはとても低いようです。

 しかし、秘密基地では3本のアオハダの内、2本が幸いにも雌株です。

 今、そのアオハダに雌株も雄株も花を付け、面白い形に、興味津々です。


■アオハダの雌花
アオハダの雌花-01


アオハダの雌花-02


アオハダの雌花-03

■アオハダの雄花
 しべがピンと立ち上がり、柱頭らしきものが見当たりません。
アオハダの雄花-01


アオハダの雄花-02


アオハダの雄花-03

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

植物の世界のおもしろさ。

山栗 さん

こんにちは。
幸い、秘密基地にアオハダが雌株・雄株がありましたんで、じっくり観察してみました。しっかりと学習できました。

 やはり、雌雄異株の植物は、面白い特徴がありますね。
こういうのを眺めているだけでも、ワクワクしてきます。

よくわかりました

Kitahoさん、アオハダの雌雄の花の区別、こうしてみるとよくわかりますね。パッと見には、どちらも花が咲いているので、分からなくなるのです。それで私は、花数の多寡で判断していたのですが、柱頭があるかないか、これでよくわかりますね。
もっとも上のほうに花がついていれば、見えないのでわからないということもありますが。

雑木林の中のアオハダの木を1本1本、毎日飽かずに下から眺める日々が続いています。

アオハダの花は雄花の方が可愛いですね。

【多摩NTの住人】さん

こんにちは。
雑木林の中で、アオハダの雌花を見付けるのはラッキーですね。
普通は雄花が中心で、ポツンポツンと雌花のものが見つかる程度です。

 しかし、花としての魅力は、やはりしべがピンと立ち上がるような格好が好きですね。
今の時期、雑木林の中は好奇心を誘うようなものがいっぱいですね。

こんにちは

アオハダの花は目立たないので見逃してしまいます。当地でも1本だけ場所を確認していますが、最近、花を見ていませんでした。自分の記録を調べてみるとそれは雌花でしたので、雄花をまだ見ていないことになります。課題がひとつ増えました。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014