雨の日には、コーヒー焙煎と道具の手入れ。

  雨が糸を引くように、静かに降っています。

 久しぶりの雨の一日となりそうです。
ソンな訳で、今朝からのんびりと、やっています。

 こんな時こそ、細々とした作業がうってつけです。
ラッキーなことに、注文していたオレンジ ブルボンというコーヒー生豆も届きました。

 このオレンジ ブルボンというコーヒー豆はとても希少なものなのです。
エルサルバドル エル モリノ農園のブルボン種という原種からの突然変異から生まれたものです。(1968年)

 その変異株を、増やし、エルサルバドル で、商品化していったもので、商品量としては、本当に少ないものです。

 コーヒー栽培の歴史は、アフリカでのコーヒー原種の発見から、赤道付近の髙地での栽培が世界規模で始まりました。
このブルボン種はマダガスカルの東、約800km(インド洋の真ん中)のレユニオン島で発見され、栽培が始まりました。

今は、人々の努力のお陰で、美味しいコーヒーを飲むことが出来るのですが、その影の壮大なるドラマは計り知れません。

 オレンジブルボンはコーヒーチェリーが通常赤色なのですが、オレンジ色したものなのです。(突然変異ですね。)
まさに神様の悪戯(いたずら)です。そのオレンジ色に目を付け、栽培していくといったチャレンジに脱帽です。

 ほのかに、柑橘系の香りが口の中で広がり、すっきりとした酸味とコクの飲み心地で、後味に甘みがほんのりとします。

           のんびりと、コーヒーを頂いています。



 そして、のんびりムードの中では、道具の手入れが良いんですね。
秘密基地での数ある道具の中で、剪定鋏は、一番、使うヤツです。道具頭とでも言えますね。

 刃を研ぎ・・・・鏡面仕上げのピカピカにしました。


■コーヒーのオレンジブルボン生豆
オレンジブルボン生豆

■焙煎機
焙煎機

■シティロースト(City roast)で仕上げました。
 シティーローストは2ハゼ(ピチピチという音)が始まったぐらいの焙煎度で、酸味と苦味のバランスがよく、このオレンジブルボンにはきっと合うと思います。
オレンジブルボン 焙煎後



 道具の手入れ・・・剪定鋏を研ぐ

 秘密基地でのガーデニングには本当によく使う道具の一つです。
切れ味も最高な剪定鋏は気持ちいいものです。

 そうするためには、いつも手入れが必要となります。
今回も、じっくりと刃を研ぎました。
  さらに、鏡面仕上げもしています。良いものを大事に、大事に使っていくことが道具への感謝なのです。


■鏡面仕上げで、研ぎました。剪定鋏。
鏡面仕上げで、研ぎました-01


鏡面仕上げで、研ぎました-02


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014