西洋ニンジンボクのスカイブルーが爽やか。

 横浜で、親株の西洋ニンジンボクが爽やかなスカイブルーを魅せています。
秘密基地のはこれからまだまだ先の話です。

 4年ほど前に、挿し木苗を作り、秘密基地に植え込みました。
今は、背丈以上にも生長し、爽やかなスカイブルーを魅せています。

 次回、秘密基地に入る際には、きっと爽やかなスカイブルーの彩りを見ることができることと思います。

 クマツヅラ科の西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )は耐寒性低木 落葉樹で、地中海、南ヨーロッパから西アジアに分布しているものです。

横浜の西洋ニンジンボクは、いつもお世話になっている園芸業者さんの庭。5m以上もの大株となっているものです。

 涼しげなスカイブルーの花を咲かせ、花穂が次々と咲き、夏の間中、楽しめます。
木全体に爽やかな香りがあり、ハーブ感覚で栽培も出来ます。

  また、その実は、コショウのような風味があり、コショウの代用に用いられたこともあったようです。

 
■西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )
西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )-01


西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )-02


西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )-03


西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )-04


西洋ニンジンボク(Vitex agnus castus )-05

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。

【後藤 和弘】さん

こんにちは。
お元気で、日々の生活、楽しんでおられるようですね。

私の画像、利用して頂き、ありがとうございます。

ファインダー越しに、植物の世界を覗きますと、好奇心を誘うような世界を垣間見ることが多々あります。

 そこが楽しく、ワクワクドキドキの世界を見付け歩いています。(*^_^*)

No title

KITAHOさん、

お早うございます。
又、以下のようにお写真と説明文をお借りしました。
次第に、『KITAHOと花の世界』をしみじみと感じ入っています。

有難う御座います。
                 後藤和弘
========================
「日本の天皇制を考える(1)何故、天皇は自由に辞められないか?」
2017年07月06日 | 社会・経済

日本の天皇制は大和朝廷から続く世界に類を見ない日本独特の文化です。日本の文化的土壌に育った制度です。
それは中國の頻繁に交代する帝王ともヨーロッパの王様とも違う性質を持っています。
そこでこの日本民族が守っている天皇制というものを連載しながら考えて見たいと思います。
その第一回目は「何故、天皇は自由に辞められないか」という問題を取り上げたいと思います。

しかしそんな理由は知っているという方々や、天皇制に興味が無いという方々のために、はじめに珍しい花々の写真をお送りします。
写真と説明文は、『KITAHOのデジカメ散歩」( http://kitaho321.blog25.fc2.com/)から引用しました。
特にKITAHOさんの説明文を丁寧に読むと『KITAHOと花の世界』がしみじみと見えて来ます。ご一読下さい。・・・以下省略します。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014