シモバシラという奇妙な植物の花。

シソ科のシモバシラ(霜柱、学名:Keiskea japonica)の花。

 マイナスの気温を確認するような、冬になりますと、キラキラ光る氷柱のシモバシラが至る所に出来ますが、今回、紹介するシモバシラは、植物のお話です。

 冬になっても、地上部の枯れるこの植物は、根がわずかながらも活動しているようで、維管束を通じて水が上がって来ます。
それが、寒気の影響で氷柱が維管束を破壊して出来てきます。これが名前の由来です。

 その光景が見たく、秘密基地では何株ものシソ科のシモバシラを栽培しています。
結構増えてきますので、毎年ワクワクしながら栽培しています。

 今まさに、白い小花をたくさん付ける花穂を形成し、可愛い花を見せてくれています。


■シモバシラの可愛い花
シモバシラの可愛い花


シモバシラの可愛い花

■小さな花ですが、透明感のある白花がいっぱい。美しいくも可愛い花です。
シモバシラの可愛い花


シモバシラの可愛い花


シモバシラの可愛い花

■氷点下の気温になりますと、こんな氷柱がシモバシラの根元に現れます。
 茎の中にある維管束(導管:水を通す管)は氷柱が出来ることにより破壊され、ボロボロとなります。哀れですが、この自然の造形に圧倒されます。
シモバシラの氷柱

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

シモバシラは好奇心を誘う植物ですね。

【多摩NTの住人】さん

こんにちは。
シモバシラは二度楽しめる山野草ですね。
特に冬の姿は格別です。

私は、強制的に氷柱を作ります。
ジョウロで水を撒きます。すると翌朝、素敵な氷柱が現れます。

ここ秘密基地は冬の乾燥地が凄まじいくらいですので、裏技です・・・ね。

こんにちは

こんにちは。シモバシラがもう咲いていますか。早いですね。毎年楽しみにしている花と氷です。
さてこのたびpart4からpart5へ移行しました。引き続きどうぞ宜しくお願い致します。リンクのアドレスをご変更いただけると幸甚です。

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014