センペルビブム、生きるための工夫。

 Sempervivum(センペルビブム)と言えば、ヨーロッパアルプスの岩場に生育の場を持っている多肉植物です。

Sempervivum(センペルビブム)は夏の暑さや蒸れを嫌いますが・・・・生育場所が標高1000m以上と言うことで、夏の暑さからは、遠のいています。上手いところに生きています。

 しかし、岩場ともなれば、水分不足で成長にリスクが伴います。

 で、生きるための工夫があり、その工夫に驚かされるのです。
トゲのような毛がびっしりと生えているものがたくさんあります。その役割が面白いのです。

 と言うのは・・・静電気に帯電した空気中の水分子(霧なども)が、トゲのような毛の先端に電気的に吸着され、水分補給をしているとか。

 この造形は好奇心を本当に誘うものなのですね。


■Sempervivum Wendy
Sempervivum Wendy

■Sempervivum Aashes of Roses
Sempervivum Aashes of Roses

■Sempervivum Livery Bug
Sempervivum Livery Bug

■Sempervivum Pacific Plum Fuzzy
Sempervivum Pacific Plum Fuzzy

■Sempervivum Pacific Zoftic
Sempervivum Pacific Zoftic

■Sempervivum arachnoideum
    こちらは夏の強い日差しを蜘蛛の糸みたいなもので自分自身をカバーしています。
   
 春先から夏に掛けて日よけのため、葉の上に蜘蛛の巣のような糸を張り巡らしますので、その様から蜘蛛の巣(状)の意味である Arachneを名前の由来となっています。
Sempervivum arachnoideum


 Sempervivum(センペルビブム)の世界は私にとって、好奇心を誘う高山植物なんです。
現在42種類のSempervivum(センペルビブム)を集めてしまいました。(10月/2015から集め始めました。)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014