よせばいいのに足を踏み入れてしまいました。メキシコの多肉植物。

 多肉植物は秘密基地のロックガーデン用にとヨーロッパアルプスの高山植物のSempervivum(センペルビブム)を考えていました。
あれよあれよという間に70種類以上のセンペルビブムを集め出し、来春の植え込みにスタンバイ。


 そんな折、Echeveria(エケベリア)と言うメキシコの砂漠のような髙地に自生する多肉植物に出会いました。
不思議な魅力のある植物で、面白い花やピンクの縁取りのある厚い葉の魅力は何とも言えません。

 まず始めにメキシコ・チワワ州に自生があるというchihuahuaensis(チワワエンシス)、pulidonis(プリドニス)・・・これは日本名まで付いています。花うららと言います。
 さらに、runyyonii(ルンヨニー)と言う3つの原種を手に入れてしまいました。

 しかしですねぇ。これらは-2℃というのが限界らしいのです。従って、秘密基地のロックガーデンには無理と言うことです。


 基礎断熱工法で建設した秘密基地では、屋内では水抜き不要と言うこともあり、今までの記録では8℃以下には下がったことがありませんから、窓辺でも栽培可能と言うことになり、栽培OKと、自分なりに決め込んでいます。

 Echeveria(エケベリア)はメキシコを中心に中南米に約180の原種があると言われ、こんな多肉植物にはまっては、大変なことになりますので、ヨーロッパアルプスのSempervivum をメインにしておきたいと思っているのですが、困った性分です。

 結局、原種を集め出しますと、個体のいいものを狙うと言うことになり、オークションで手に入れることとなりそうです。
早速、chihuahuaensis(チワワエンシス)はオークションで競り落としてしまいました。


■まずは・・・Evheveria pulidonis(プリドニス)・花うらら
      厚い葉のピンクの縁取りのが美しいですね。この透明感が虜にします。

Evheveria pulidonis(プリドニス)・花うらら-01


Evheveria pulidonis(プリドニス)・花うらら-02

■すごいと言うほどでもない、多肉植物なんですが、何か不思議な魅力があります。
      来週にはオークションで手に入れたchihuahuaensis(チワワエンシス)がやって来ます。

Evheveria pulidonis(プリドニス)・花うらら-03
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ランキング

日本ブログ村への参加をしました。(04/01-2015)
KITAHOのデジカメ散歩
八ヶ岳南麓での山里生活と横浜での2地域居住の中で、原種バラを中心とするガ-デニングや菜園、そしてBMW・・Pinarello Prince 好奇心を誘うものが大好きです。

KITAHO

Author:KITAHO
山野草を中心に、好奇心を誘うもの、ワクワクドキドキの世界をデジカメで撮り歩いています。

  Since 2014/07/08

Copyright © KITAHO のデジカメ散歩。 All Rights Reserved

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
KITAHO-Gallery
ちょっと・・・、 覗いていきませんか?       私の写真集です。(*^_^*)
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

KITAHOのデジカメ散歩 -    since 07/08-2014